篠田博之の「週刊誌を読む」

「創」編集長・篠田が毎週、東京新聞に連載(北海道新聞・中国新聞も転載)しているコラム。

 相模原障害者殺傷事件の植松聖被告にこのところ接見を重ねている。十九日の接見で彼が期日前投票を行ったことを聞いた。彼のような立場の者にも投票用紙が送られている現実に、戦後民主主義のシステムはそれなりのものだと感心した。

それにひきかえ今の選挙制度のもとで、民意が議席数に反映されない現実には多くの人が疑問を抱いていると思う。この間、週刊誌は総選挙の行方に多くの誌面をさいているが、それについては改めて取り上げよう。

最近、芸能マスコミで話題になったことといえば、俳優・清水良太郎容疑者が十一日に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されたことだ。ものまねタレントとして有名な父親の清水アキラさんが十二日に涙の謝罪会見を行った。

清水容疑者の逮捕は風俗嬢の通報によるものだが、その女性が『フライデー』11月3日号でインタビューに応じている。女性は派遣型ヘルス、通称デリヘルの風俗嬢だが、十日に客としてついた清水容疑者に薬物を強要されたという。

「彼はガラスパイプを私の口に近づけて、『吸って』と要求してきました。パイプを強引に咥えさせるんですが、私が吸い込まないものだから、球体になった先端から煙が漏れ出してしまった。彼は『吸ってないじゃん』と不満げでした」

何度も強要されながら拒み続けた女性は、ホテルを出てすぐ警察に通報した。「警官が駆け付けたんですが、私は頭痛が収まらなかったので、救急車で搬送された。夕方に体調が戻ってから、所轄の警察署で聴取を受けました。部屋が暗かったこともありますが、彼の逮捕が報じられるまで、クスリを吸っていたのが清水さんだとわからなかったんです」「いま考えても、恐怖で身がすくみます」

私も薬物事件は幾つか取材してきたが、この証言が本当だとすると、相当ひどい事件だ。『週刊女性』10月31日号によると、清水容疑者は昨年五月に結婚、十一月に娘が誕生していた。今年二月には違法カジノに出入りしていたことを『フライデー』に報じられ、一時謹慎。六月下旬に復帰したところへ今回の事件だ。家族はいたたまれない思いだろう。

(月刊『創』編集長・篠田博之)

 こんなこともあるんだ、と驚いたのが『フライデー』10月27日号「戸田恵梨香&成田凌『ドライブデート中、本誌ハリコミ車に接触事故!』で熱愛発覚」。 

十月八日、渋谷区の路上で某アイドルの張り込みを行っていた『フライデー』記者の車に後方から来た車が接触。「すみません」と運転席から出てきた男性に記者は「あれどこかで見たぞ」と思ったという。

車内ではもう一人のマスク姿の女性が誰かに電話をしている。しかもその後、先ほどの男性は後部座席に身を隠すようにうずくまっている。「怪しい。怪しすぎる!」と記者がいぶかるなか、やってきた警察官に男女は名前を名乗った。

何と女性は女優の戸田恵梨香さん、男性はドラマで共演していた成田凌さん。先頃終了したフジテレビ系ドラマ「コード・ブルー3」に出演していた二人だった。

途中で『フライデー』記者が名乗ったところ、戸田さんは「アハハ!すごいですね」と豪快に笑い飛ばし、成田さんは「すごい...」とつぶやいた。駆け付けた戸田さんの事務所社長は、記者の名刺を見て「うえ!」とうめいたという。

『フライデー』記者は思わず「お付き合いされているんですか?」と質問。戸田さんは「そういう感じではないですけど」と答えた

。『フライデー』はその一部始終を撮影し、十月十三日発売の号で「スクープ撮!」とぶちあげたのだった。

 この事件には後日談があって、実は同誌発売前日の十二日付サンスポが「戸田恵梨香・成田凌熱愛」と報道。記事中で接触事故を起こしたことに触れているものの、『フライデー』の誌名は一切出てこない。同誌発売前に交際をネガティブでない形で公にしようとの事務所の意図が働いたのではないかと噂になっている。

 さて週刊誌では今週も選挙絡みの記事が多いが、小池百合子劇場の失速を反映してバッシングが拡大している。『週刊文春』10月19日号の見出しは「小池『緑のたぬき』の化けの皮を剥ぐ!」。流れが変わると一転して叩くというのは週刊誌の特性だが、それにしてもこの見出しはすごい。

(月刊『創』編集長・篠田博之)

 

 めまぐるしく政局が動いているが、それは週刊誌の誌面にも反映されている。十月初めの週の前半に発売された週刊誌は概ね、小池人気に期待するという切り口だ。典型は十月二日発売の『週刊現代』10月14・21日号だ。表紙にでかでかと「小池総理、誕生へ」という見出しが躍っている。二週売りの合併号にこの見出しは冒険と言えるが、案の定というべきか、小池人気はその後、失速気味だ。

 それを反映して同じ講談社から週末に発売された『フライデー』10月20日号の見出しは「大迷走 小池百合子が辿る『ヒラリーと同じ末路』」。アメリカ初の女性大統領と期待されながら敗北したヒラリーになぞらえて、小池人気にダメ出しを行っているのだ。

 その変化がわかるのは『週刊文春』10月12日号が掲載した読者アンケートだ。「安倍vs小池 総理にふさわしいのは?」というアンケートをとったのだが、興味深い経過が書かれている。九月二十八日にアンケートを開始した当初は小池人気が圧倒的だったが、その後形勢が逆転。最終的に小池八百七票、安倍七百八十九票という僅差で小池さんが勝ったというのだ。

 実は同誌は同じ号で「小池百合子激白『安倍の延命は許さない』」という特集記事も掲げていた。編集部自身が小池人気に焦点をあてた誌面を準備していたわけだが、失速の影響か、「小池独裁」という批判も見られるややトーンダウンした記事になっている。

 ライバル誌の『週刊新潮』10月12日号は対照的に「小池百合子の希望・横暴・票泥棒」という小池バッシングの特集だ。小池人気が沸騰した時期に、敢えて「逆張り」を仕掛けた同誌らしい切り口だ。 

同じ号には櫻井よしこさんの「政権担当の資格はありや希望の党」という記事もあるから、保守派の立場から希望の党を批判したというのが同誌のスタンスかもしれない。リベラル派の『アエラ』10月16日号も、こちらは立憲民主党を支持する立場から「独裁者はいらない」という小池批判の特集を組んでいる。

 日々変わる政局に編集部は苦心しているのだろう。それが各誌の誌面によく反映されている。

(月刊『創』編集長・篠田博之)

 「落選させたい議員は誰ですか?」九月二十八日発売の『週刊文春』10月5日号が読者千二百人への緊急アンケートの結果を掲載している。

二位が豊田真由子、三位が山尾志桜里と、週刊誌でスキャンダル報道された議員が上位を占めたのは予想通りだが、一位が安倍晋三。それも総回答数の三分の一近い圧倒的な数だ。

編集部にとっても意外だったようで、見出し脇に「1位はなんと...」と書いている。リベラル派の新聞社系週刊誌ならともかく、保守派の同誌のこの結果は自民党には気になるところだろう。安倍首相は「今なら勝てる」という思惑で解散総選挙に打って出たわけだが、国民の反発は予想以上に強いのかもしれない。

『週刊朝日』10月6日号は、国連総会演説で安倍首相が「北朝鮮に対し必要なのは対話ではない、圧力だ」という演説を行ったが、「安倍官邸の想定外」が起きた、という話を書いている。テレビのトップニュースは首相演説でなく、安室奈美恵引退だったというのだ。

そりゃ安室引退の方がトップだろう、と誰もが思う気もするが、その引退報道が予想以上に大きな扱いだったという話を『週刊新潮』10月5日号が取り上げている。引退の理由を敢えて語らないなど、今回の発表にはいろいろな演出が見られ、どうやらその戦略をたてた大物プロモーターが存在するらしいというのだ。

同誌ではその人物は匿名だが、『週刊文春』10月5日号は「安室奈美恵電撃引退 本誌だけが書ける全真相」と題して、その人物を詳しく取り上げている。ただ「全真相」とぶち上げるほどの内容は書かれていない。なぜ安室奈美恵がこのタイミングで、敢えて引退宣言したのか。多くの人が抱くその疑問に、どの週刊誌も応えられていない気がする。

『週刊文春』記事には以前彼女が所属していた事務所の平哲夫社長の「ダンスや歌唱力が衰える前に身を引くというのはアイツの美学なんだろう」というコメントが載っている。たぶん真相はその辺なのだろう。『アエラ』10月2日号は、ファンの間に今「アムロス」が広がっているという話を書いている。

(月刊『創』編集長・篠田博之)

 後味の悪い結末だ。女優・斉藤由貴さんのダブル不倫騒動である。

 八月三日発売の『週刊文春』8月10日号が報じ、斉藤さんと相手男性が釈明を行って落着したと思われていたのだが、ここへ来て再燃。斉藤さんは九月十一日にマスコミにFAXを送り、前の会見で不倫を否定したことを撤回した。それを受けてレギュラーのラジオ番組への出演取りやめが決まるなど、仕事にも影響が出ている。

 今になって不倫を認めて謝罪することになったきっかけは、『フラッシュ』が二週にわたって男性医師とのプライベート写真を公開したことだ。五日発売の9月19日号では「斉藤由貴と不倫医師『破廉恥キス』写真」と題して、二人のキス写真を掲載。翌週号では「斉藤由貴と不倫医師『もっと破廉恥』な写真」と題して、医師が女性の下着を被っている写真を公開した。男性の顔はぼかしているが、撮影場所は斉藤さんの部屋で、ふざけて撮った写真らしい。

 キス写真が掲載され、翌週号には別の写真も出ることを知った医師が、その発売前日、十一日放送の朝のワイドショーで不倫を認めて謝罪した。続いて斉藤さんもFAXを流し、こう謝罪した。「先日の会見では、本当のことをお話しできず、誠に申し訳ありませんでした。子供達が目にすることを考えると、あの公の場で何もかもお伝えすることは、私にはどうしても出来ませんでした」

 この不倫騒動、もともと『週刊文春』と別に『フラッシュ』も七月から張り込み取材を行っていた。しかし『週刊文春』に先を越され、一週遅れの8月22・29日号で報道。巻き返しとして今回の写真を公開したらしい。

二誌が動いていたということは、発端は関係者のリークだったのだろう。報道後も二人が不倫を否定したために、今回の証拠写真が出された。遅れをとった『フラッシュ』の思惑もそこに重なったに違いない。

後味が悪いと書いたのは、この決着が二組の家族にとって良かったのかどうかわからないからだ。週刊誌にこんなふうに全てをさらけ出されたことが、例えば双方の子供にどんな影響を与えたか。釈然としないのである。

 

 八月三十一日発売の『週刊文春』9月7日号「世界的トランペッター日野皓正が中学生を『往復ビンタ』動画」は、週刊誌が変わりつつあることを示した事例といえる。

去る八月二十日、世田谷区教育委員会主催のコンサートで、日野皓正さんが、ドラムを演奏していた中学生にビンタを食らわせたという記事だが、タイトルが「『往復ビンタ』動画」であることに注目してほしい。発売に合わせて同誌は「週刊文春デジタル」でスクープ動画を公開。記事はそれを前提にして説明をしたものだ。

ライバルの『週刊新潮』も三十日に「本誌が入手した『日野皓正』暴行動画」なるものをウェブサイト「デイリー新潮」で公開した。翌日発売の号の誌面では該当記事が掲載されていないから、もしかすると『週刊文春』の取り組みを知って急きょ、入手した動画を公開したのかもしれない。

ライバル誌同士が動画をめぐる戦いを繰り広げたというわけだ。

ちなみに八月二十日のコンサートとは「日野皓正presents "Jazz for Kids"」と題し、区内の中学生を集めて日野さんが四カ月間ジャズを指導、その成果を発表したものだ。叩かれた中学生は、日野さんが目をかけていた男子で、指示を無視して長々とソロを続けたため、日野さんが怒ったらしい。ネットでは「公衆の面前で体罰を加えるのは誤りだ」という意見と「ジャズを理解する人から見れば少年の方が悪い」として、日野さんの熱血指導を支持する意見が相半ばしている。また少年自身は『週刊文春』に「自分が悪いと納得しています」と自ら電話をかけてきたという。

 思わぬ騒動になったことを受けて日野さんは九月一日、マスコミの取材に応じ、「あなたたちがこういう騒動にしてしまうことが日本の文化をダメにしてるんだ」と語っていた。日野さんの指導をどう見るかは議論すべきテーマだが、印象的だったのは週刊誌の取り組みだ。考えて見れば『週刊新潮』がスクープした豊田真由子代議士の秘書暴言騒動も、音声公開が前提となった報道だった。週刊誌が活字だけで勝負する時代が終わりつつあることを、それらの取り組みは示しているのかもしれない。

『週刊新潮』8月17・24日号が「乙武クンと愛人を糟糠の妻が訴えた!!」という記事を載せている。

 乙武さんといえば昨年三月、同誌が不倫を暴き、大騒動になった。当時、妻は「私にも責任がある」と夫をかばい「糟糠の妻」と呼ばれたが、その後二人は離婚。その元妻が八月四日に、乙武さんと、不倫相手とされた女性に対して精神的損害の賠償を求める訴訟を起こしたというのだ。

 なぜ今になってと思うだろうが、きっかけは昨年十一月放送のフジテレビ「ワイドナショー」での乙武さんの発言だったという。謹慎していた乙武さんが一連の騒動について説明し、それを禊として、彼は再びメディアに露出するようになった。

 その番組で乙武さんは「私がしでかしたこと自体は、妻はずっと前から知っていたことなので、それ自体は二人の間で揉め事になることはなかったんです」と語った。離婚理由は不倫そのものでなく、騒動が拡大したことで、子どもを守るためには離れたほうがよいと元妻が判断したため、というのだった。

 しかし今回の記事では、元妻の知人が彼女は決して不倫を容認していたわけではないと反論。そして離婚の理由について「乙武さんの態度は傍若無人で、自分が不貞行為を繰り返してきた『加害者』であるにも拘わらず、『被害者』である仁美さんに辛く当たり続けたんです」という。

「例えば、お子さんを幼稚園の送迎バスに乗せるために、仁美さんがほんの数分、彼のもとを離れると、自宅マンション内にある共用の会議室に行きたがった乙武さんは、『自分を放り出すのか』『どれだけ自分が惨めかわかるか』などと仁美さんを何度も詰り、LINEを通じても延々と彼女を責めた」。

そういう状況に妻が耐えられなくなったのが離婚の理由なのに、乙武さんの説明は一方的で、彼女をさらに傷つけたというのだ。

 昨年来の乙武さんの騒動は、彼が障害者であることを抜きには語れない。妻は夫を支える支援者でもあったわけで、その関係と夫婦という関係が、騒動の中で複雑に絡み合っていたわけだ。裁判はどんな展開をたどるのだろうか。

(月刊『創』編集長・篠田博之)

 

『週刊新潮』8月17・24日号が「乙武クンと愛人を糟糠の妻が訴えた!!」という記事を載せている。
乙武さんといえば昨年三月、同誌が不倫を暴き、大騒動になった。当時、妻は「私にも責任がある」と夫をかばい「糟糠の妻」と呼ばれたが、その後二人は離婚。その元妻が八月四日に、乙武さんと、不倫相手とされた女性に対して精神的損害の賠償を求める訴訟を起こしたというのだ。
なぜ今になってと思うだろうが、きっかけは昨年十一月放送のフジテレビ「ワイドナショー」での乙武さんの発言だったという。謹慎していた乙武さんが一連の騒動について説明し、それを禊として、彼は再びメディアに露出するようになった。
その番組で乙武さんは「私がしでかしたこと自体は、妻はずっと前から知っていたことなので、それ自体は二人の間で揉め事になることはなかったんです」と語った。離婚理由は不倫そのものでなく、騒動が拡大したことで、子どもを守るためには離れたほうがよいと元妻が判断したため、というのだった。
しかし今回の記事では、元妻の知人が彼女は決して不倫を容認していたわけではないと反論。そして離婚の理由について「乙武さんの態度は傍若無人で、自分が不貞行為を繰り返してきた『加害者』であるにも拘わらず、『被害者』である仁美さんに辛く当たり続けたんです」という。
「例えば、お子さんを幼稚園の送迎バスに乗せるために、仁美さんがほんの数分、彼のもとを離れると、自宅マンション内にある共用の会議室に行きたがった乙武さんは、『自分を放り出すのか』『どれだけ自分が惨めかわかるか』などと仁美さんを何度も詰り、LINEを通じても延々と彼女を責めた」。
そういう状況に妻が耐えられなくなったのが離婚の理由なのに、乙武さんの説明は一方的で、彼女をさらに傷つけたというのだ。
昨年来の乙武さんの騒動は、彼が障害者であることを抜きには語れない。妻は夫を支える支援者でもあったわけで、その関係と夫婦という関係が、騒動の中で複雑に絡み合っていたわけだ。裁判はどんな展開をたどるのだろうか。

 このところ木曜日になると芸能マスコミが騒ぎ出すというパターンが続いている。木曜発売の『週刊文春』と『週刊新潮』が競いながらスキャンダル報道を続けているためだ。 

 先週の『週刊新潮』の今井絵理子議員の不倫騒動に続いて、八月三日発売の『週刊文春』8月10日号がぶちあげたのは「斉藤由貴 背教のダブル不倫」。このところドラマでの活躍で人気が復活しつつあると言われる斉藤さんのスキャンダルだ。

 不倫の相手とされたのは主治医の男性で、斉藤さんは同誌発売日の夜に会見。医師には好意を抱いているが不倫関係ではないと釈明した。記事の中でも二人は不倫を否定しているのだが、それでも『週刊文春』が報道に踏み切ったのは、二人が映画を観た帰りに手をつないでいる光景を撮影できたからだろう。

 同誌は発売前日の二日にウェブサイト「文春オンライン」で速報。芸能マスコミの取材が殺到したために本人が会見し、それをまたワイドショーが大きく取り上げて騒動になった。このパターンも最近定着しつつある。

でもどうなのだろう。政治家の場合はともかく、芸能人のプライベートな話をこんなふうに頻繁に大騒動にしていくことにうんざりしつつある読者も少なくないような気がするのだが。

 さて最近気になるのが、眞子さまの婚約をめぐる週刊誌報道だ。七月に予定されていた婚約の正式発表が豪雨被害に配慮して延期されたのだが、『女性セブン』8月17日号は「眞子さま婚約者の語られぬ家族の身上書」という記事を掲げている。それによると、当初の祝福ムードから時間がたつにつれて皇室周辺から婚約についてあれこれ心配する声が出始めているという。

 もともと相手の小室圭さんの年収などについて気にする声はあったらしいが、七月半ばに小室さんが秋篠宮邸を訪れた際のラフな服装についても批判的な声が出たという。

 『女性セブン』は7月13日号でも「眞子さま婚約会見目前!オクから聞こえる不協和音」という記事を掲載していた。皇族との結婚となるといろいろな声が出てくるのは予想されたことではあるのだが、果たして大丈夫なのだろうか。

 

 ついに稲田朋美防衛相辞任という事態に至った安倍政権を揺さぶる一連の不祥事だが、よりによってその時期に噴き出したのが今井絵理子議員の不倫騒動だ。元SPEEDの歌手で、昨夏の参院選で当選した女性議員である。 

すっぱ抜いたのは七月二十七日発売の『週刊新潮』8月3日号「元SPEED『今井絵里子』の略奪不倫」。同議員が同じ自民党の橋本健神戸市議会議員と不倫関係にあるという内容だ。驚いたのは、同誌が七月十四日から数日間にわたって今井議員らを尾行・張り込みしたと思われる記述と写真だ。

グラビアの冒頭には今井議員が大阪のホテルのエレベーターからパジャマ姿で出て来る写真。そのホテルに二人は同宿したというのだが、次のページには二人が大阪へ向かう新幹線の車中の写真。無防備にも隣同士の席で手を握り合っている。驚いたというのは、よくこれだけ何日間も密着して隠し撮りを行えたという、その技術力についてだ。

 このところ『週刊文春』『週刊新潮』のスキャンダル報道で決め手となっているのは、徹底した尾行や張り込みによって確証となる現場を押さえていることだ。それには組織力と技術力が必要なのだが、それが発達したのは一九八〇年代の写真週刊誌ブームの時だ。既に休刊した『フォーカス』の技術は同じ新潮社の『週刊新潮』に受け継がれたと言われ、『週刊文春』では講談社の『フライデー』から移籍した記者が活躍しているという。

 今回、『週刊新潮』は、スキャンダル報道の定石通り、締切前に当事者に隠し撮り写真を示して直撃を行っている。ご丁寧にも男性議員の妻にも直撃を行っているのだが、妻のコメントは「これは決定的ですね」だ。

 今井議員は同誌の発売日に文書コメントを発表。妻と離婚協議中という橋本議員から最近になって交際の申し込みを受けていたことを明らかにしながらも、『週刊新潮』が見出しに掲げた「略奪不倫」という事実はないとした。同日、囲み取材でこうも語っている。「自民党が大変な中、足を引っ張る形になったことをお詫びしたい」。

 確かにタイミングは最悪だ。