マス読 ライブ

liveマスコミの会社や職種について研究するには、そこで働いている社員に話を聞くのが一番。でも実際はなかなかそういう機会が得られないのが現実です。


そこで最前線で働く社員や採用担当者の話を聞き質疑応答するセミナーを開催します!

 

「マス読ライブ」には、北海道から九州まで全国からマスコミ志望者が参加。


単なる講演会ではなく、会場では講師である現役社員と参加者の間で、熱いやりとりが繰り広げられます。
出演講師からも「マス読ライブ参加者はモチベーションが高い」と好評をいただいています!

[参加者の声](会場アンケートより)
●質疑応答では事業内容以上に業界に対する姿勢について改めて自分に問いかけてしまうような話題が多かったです。これを機にもう一度自分とエンタメの関わり方を考えたいと思います。(学習院大)
● 合同説明会などでは短くて聞けない企業の詳しい事業内容まで知ることができたのでぜひまた機会があれば参加したいと思います。エンタメ業界で仕事をするとはどういうことか、自分なりに考える良い機会になりました。(成城大)
●このようにマスコミだけの説明会はなかなかないのでとても効率よくありがたいです。(東洋大)
●人事の中でも統括されている方のお話が聴けるので、大きな会場の中での合同説明会よりも毎度深い話が聞けてためになります。(日本女子大)

他の感想はこちら

日程

マス読ライブエンタメ篇(1)


 2016年2月9日(火)18時〜21時半 入場料無料 定員325人 【終了しました】

 会場:文京シビック小ホール(2階)

東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅直結
都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅直結
※文京シビックセンター前>文京シビックセンター連絡通路
JR中央・総武線水道橋駅 徒歩約10分

18:15〜 受付開始
18:30〜 開会(主催者より説明)
18:35〜19:20 東宝 プロデューサー・石黒裕亮 &人事部・板橋麻里恵
19:30〜20:15 ポニーキャニオン 人事部・小榑洋史 Hiroshi KOGURE
20:25〜21:20 ホリプロ 人事グループ・池橋敬雄



マス読ライブ出版篇(1)


 2016年3月10日(木)18時〜21時半 入場料無料 定員325人【終了しました】

 会場:文京シビック小ホール(2階)

東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅直結
都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅直結
※文京シビックセンター前>文京シビックセンター連絡通路
JR中央・総武線水道橋駅 徒歩約10分


18:30 開会(主催者説明)
18:45〜19:30 新潮社 「新潮文庫nex」編集長(文庫編集部兼務)・高橋裕介
19:40〜20:25 小学館 女性誌編集局プロデューサー・嶋野智紀
20:35〜21:20 講談社 デジタル・国際ビジネス局次長/ライツ・メディアビジネス局次長/『ヤングマガジン』前編集長・吉田昌平



 マス読ライブ広告篇


 2016年3月17日(木)18時〜21時半 入場料無料 定員350人

 会場:牛込箪笥区民ホール

都営地下鉄大江戸線「牛込神楽坂」 A1出口上
東京メトロ東西線「神楽坂」2番出口より徒歩10分

マス読ライブ広告篇の会場が誤って文京シビック小ホールと表示されていましたが、正しくは箪笥区民ホールですのでお間違いなきようお願いします。お詫びし訂正します。


18:30 開会(主催者説明)
18:45〜19:25 博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ 
19:35〜20:25 CMプランナー(元電通、現シンガタ) 権八成裕
20:35〜21:20 東急エージェンシー コーポレート本部人事局人材開発部・仲野大輔

「3月17日マス読ライブ出版篇参加申込メールフォーム」はこちら

「毎日新聞記者と語る会」などその他のイベント

「マス読ライブ」はホールを使って行うセミナーですが、そのほかマスコミの会社へ足を運んで現役の記者や編集者と語り合うイベントもたくさん行っています。2016年に既に開催が決定していのは毎日新聞、東京新聞ですが、そのほか例年、講談社、新潮社など多くの会社を訪問しています。

毎日新聞記者と語る会  【終了しました】
2016年2月12日(火)18 時開会(17 時半開場、20 時閉会予定)
入場無料 定員150人


会場:毎日新聞東京本社地下1階毎日ホール

東京メトロ東西線「竹橋駅」下車 徒歩1分
共催:毎日新聞社/「マスコミ就職読本」編集部

<出席する毎日新聞記者>
●砂間 裕之 (編集編成局編集委員、85 年入社)
●遠藤 和行 (生活報道部副部長、89 年入社)
●元村 有希子 (デジタル報道センター編集委員、89 年入社)
●西脇 真一 (外信部副部長、90 年入社)
●上野 央絵 (政治部副部長、91 年入社)


お申し込みは下記メールアドレスへ
件名に「毎日新聞記者と語る会 参加希望」
氏名・学校名・携帯番号をを送信下さい。


E-mail:live@tsukuru.co.jp


東京新聞記者と語る会

 2016年2月29日(月)17時開会(16時半集合)
 入場無料 定員100人
 【締めきりました】

 会場:中日新聞東京本社1階ホール

(東京メトロ千代田線、丸の内線「霞が関」)

出席する東京新聞記者など詳細は決まり次第公開




参加費

無料

マス読ライブ参加者の特典

【特典1】 参加者同士の交流会

全国のマスコミ志望者と交流を深めるチャンス! お互いに刺激し合い、モチベーションを高めあえる仲間を見つけることは、厳しい就職戦線を勝ち抜く強力な武器になります! 特に遠方からわざわざ上京して当日都内に宿泊予定の人は、ぜひ参加して刺激を受けて帰って下さい。
毎年この交流会を機に、アドレスを交換し合い、勉強会が立ち上がっています。ぜひ積極的に企画・参加してください。

【特典2】 会場での出版物販売 

毎年好評の会場での特価販売。これから順次発行される月刊『創』のマスコミ志望者向け特集号など、この機会に購入してください。もちろんバックナンバーも販売します。

問い合わせ先:

E-mail live@tsukuru.co.jp

創出版「マス読ライブ事務局」宛