6月8日の日本経済新聞朝刊の「20年卒就活 はや号砲」という記事が現状をよく伝えていました。インターンシップを利用した広い意味での2020年度就活が始まっているという記事です。確かにマスコミについても、夏のインターンシップ開催が急増しています。これは夏のインターンシップ受講者に年末年始の時期に呼び出しがかかり年明けの1月頃事実上の選考が行われる、そういう採用早期化に夏のインターンシップが活用されているという実態がますます顕著になっているためです。

大学3年生は、志望会社のインターンシップにはぜひ応募してください。ただ応募すれば必ず受講できるわけでなく、倍率の高い選考が行われます。その意味でも、それなりの準備をしてインターンシップに応募する必要があります。毎回書いていますが、『マスコミ就職読本』入門編はぜひ早めにきちんと読んで下さい。

それとけさの日経新聞の記事が興味深いのは、2019年度採用についても今どうなっているかわかりやすく書いていることです。

売り手市場などと言われ、内定率は65%と高くなっているのですが、一方で内定が得られていない人も多く、内定を持つ人とそうでない

人への二極化が進んだというわけです。ただ再三書いているように、内定を得ている人でも夏採用秋採用を受けて以前の内定を辞退する

ケースも増えており、まだこれから11月頃まで、大手マスコミの二次募集三次募集が行われます。だから内定が取れていない人も焦る必要はありません。

 6月1日が公式には採用のための選考解禁日となっており、マスコミも一斉に報道してはいますが、実際は既にかなりの内定が出います。マスコミも本当にこれから選考開始というのは大手ではあまりないと思います。ただ毎回書いているように、今後内定辞退者も出るはずで、夏採用や秋採用など様々な言い方で2次募集がかかっていきます。特に1次募集の選考が早かった日本テレビなど夏採用の募集がかかっており、今年は動きの早かって放送局は2次募集が増えると思います。11月頃までは大手でも募集がかなりかかると思ってください。

 一方で6月に入ってインターンシップの募集情報が大量に流れています。例えば広告では最大手電通が既に募集を始めていましたが、博報堂もADKも募集を始めました。新聞・出版・テレビも相当なインターンシップ募集が始まっています。マスコミの場合、インタ―ンシップも応募倍率が高く、事前選考がかなり行われます。書類選考や面接など、会社によっては受講資格を得るために本番と同じくらい難関を突破しなければなりません。逆に言えば、本番の練習をするには格好の機会です。この何年か、インターンシップ受講者にその後呼び出しがかかる事態も知られるようになり、余計に倍率が上がっています。各社のインターンシップの事前選考や実施の考え方などについては『マスコミ就職読本』1巻に人事部インタビューが載っているので熟読して下さい。広い意味では2020年度採用戦線の幕開けともいえます。

毎回書いているように、この時期、大学4年生らを対象にした2019年度採用が進むのと並行して大学3年生対象のインターンシップも続々開催されていきます。インターンシップも広い意味で採用とつながっており、特にこの1~2年、年末年始に呼び出しがかかる際に、夏のインターンシップ受講者が対象になる例が増えています。さらにそういう定期採用と共に社会人採用も行われるという状況です。人事担当者は大変だと思いますが、マスコミ志望の皆さんも、そういう情報をしっかり入手して対応していってください。関西テレビ放送が第3期募集と銘打って募集を行っていますが、2019年度採用は、内定辞退者対応も含めてまだこれからも続きます。そういう採用戦線の事情については発売中の『マスコミ就職読本』2019年度版をしっかり購読してください。

http://www.tsukuru.co.jp/masudoku/masudoku.html

 

朝日新聞社が第2回採用、NHKが秋採用、さらにはテレビ朝日が後期採用の募集を始めるなど、2019年度採用の2次募集が次々と始まっています。NHKなどまだ夏採用が終っていないうちに秋採用が動き出したわけです。さらにそれと並行して、2020年度受験者向けのインターンシップの募集が次々と始まっています。それに社会人採用も重なるというふうに、この時期、採用活動が重層的に進んでいきます。わかりにくい状況なので、就活を始めたばかりの3年生は、ぜひ『マスコミ就職読本』を熟読して、今何が起きているのか把握してください。このところこのメルマガも3年生の登録が相当な勢いで増えています。まず『マス読』入門篇をしっかり読んでください。

 4年生の就活戦線は終盤戦に入りつつありますが、これから夏採用、後期採用といった名称で2次募集も行われるので、現時点で内定がとれてない人もあきらめずに頑張ってください。
 この1~2年、内定辞退者も多いため、2次募集、3次募集と11月頃まで募集がかかるケースが増えています。採用戦線はまだこれからなので決してあきらめることのないようにして下さい。
 この間特筆すべきは、主婦の友社が何年かぶりで新卒定期採用の募集に踏み切ったことです。しばらく新卒採用を行わないので『マスコミ就職読本』でもこの2年ほど掲載を見合わせていたのですが、出版志望者にとってはまさに朗報です。それから『君たちはどう生きるか』の大ヒットをなし遂げたマガジンハウスが書籍部門を強化するようで、書籍編集経験者を募集しています。マガジンハウスはその名の通り雑誌中心の出版社で、書籍部門は人数も少なかったのですが、これを機会に拡充するようです。
 一方で、3年生対象の夏のインターンシップの募集が続々と始まっています。採用戦線の日程などの流動化でこの1~2年はインターンシップ受講者に、本選考の前に呼び出しがかかるケースが急増しています。夏のインタ―ンシップもその対象になっていくので、来年マスコミ受験を考えている人はぜひ夏のインターンシップに申し込んでください。
 マス読メールマガジンの登録も、このところ新3年生が一気に増えつつあります。新3年生の皆さん、まず『マスコミ就職読本』入門篇を早い時期に読んで下さい。主なマスコミの人事担当者のインタビューなど熟読すると相当深い内容が載っています。先輩にもらうとかキャリアセンターに置いてあるのを見るとかでなく、自分できちんと買って、マーカーで印をつけながら何度も読み返してください。

新卒定期採用については、終盤戦に至ったという感じですが、一方で日本テレビなどの夏採用の募集が始まりました。昨年度は内定辞退者が多かったこともあり、夏採用や秋採用という形での2次募集3時募集が続きましたが、今年もいよいよそういう次のステージが始まりつつある感じです。またインターンシップ募集もこれから続々始まりますが、アナウンサーは当然としてこの1~2年、夏・秋のインターンシップ受講者に年明けに呼び出しがかかるケースがかなり増えています。3年生諸君は就活本番はまだ先ですが、それへ向けての動きが始まりつつあることに注意してください。アナウンサーの場合は、この夏のインターンシップは事実上の本番に近いと思ってください。

4年生向けの就活もたけなわで、この時期、複数学年の広義の就活が錯綜していきます。新3年生は、ぜひ『マスコミ就職読本』を熟読して準備を始めてください。

前号で書いていたNHKの昨年の時事問題ですが、検討の結果、公開できないとのことでした。残念です。ただ、今回は試験日程が近づいた段階での提案だっただけに、仕方ないかなという感じです。『マスコミ就職読本』3巻放送篇P2223昨年受験した人に聞いた詳しい内容が載っています。これで大体どういう問題が毎年出ているのかある程度はわかると思います。今年も受験した人はぜひ来年受ける人たちのために情報提供お願いします。そんなふうに情報が受け継がれることで、毎年、マスコミ志望者は試験対策をしています。

 

 4月14日に行ったNHK志望者の集まりで話が出た、今年の筆記試験ですが、その後、確認の為にNHK人事局に取材しました。

今年は3日間にわたって筆記を実施するのですが、3日間とも別の問題を予定しているとのこと。論述試験のテーマが幾つにも分かれることは「マス読」でも書いていますが、時事問題も含めてそうなんですね。

 ちなみにこれもその集まりで出ていた昨年の時事問題が入手できないかという問題。昨年までは『新聞ダイジェスト』増刊に載っていたのですが、同社に聞いてみたら、今年は過去問の問題集を刊行しないとのこと。では、NHKから入手はできないかと人事局に聞いてみたら、割と好意的返事で入手できそうな感触です。近々、NHK人事局を訪ねたいと思うので、次回のメルマガにもしかすると昨年の試験問題を掲載できるかもしれません。乞うご期待!

 

いよいよ4月新学期。マスコミ採用戦線はテレビ局や新聞・通信社で一部内定も出ていますが、本格的な選考はこれからです。周囲に内定を得た友人などがいると、不安にかられると思いますが、焦る必要はありません。新聞なども就活特集のページを増やしたりしています。マス読の就活サポートも今年度はあと少し。4月14日のNHK志望者向け講座が最後になると思います。これから面接や筆記試験を受けていく人も多いと思いますが、「マス読」には公表されていない昨年の試験内容が書かれています。しっかり読み込んで活用してください。会社によっては何次選考で受験者がどのくらいに絞られていくかも書かれています。「マス読」はキャリアセンターなどで読むのでなく、ちゃんと購入して手元において活用してください。

 予想通りですが、1日から一気に募集情報が流れだし、受け取る方もその量に驚いていることと思います。このマス読メルマガでは、今回は新聞・出版といったふうに情報を一通りお伝えしていきますが、今流れているのは大手マスコミが中心。番組製作会社や中小マスコミの情報も今後、お伝えしていきます。
 また単に募集情報を流すだけでなく、今水面下でどんな動きになっているのか、昨年度と比べて特定の会社の今年度の情報に注意すべき点はないかなど、相当量の取材を行っている「マス読」ならではの解説なども加えていきます。