トップ > 月刊「創」のご案内 > 2018年8月号 相模原事件後2年

< 2018年7月号 映画界の徹底研究 |

2018年8月号 相模原事件後2年


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

◆出版中止を求める声とぜひ出すべきだという声との間で...
 相模原事件めぐる本誌と出版の波紋......篠田博之

◆「学童保育で子ども達の笑顔に魅せられた」という被告がなぜ
 植松聖被告が語った自分の生い立ち

◆事件を二度と起こさないために何ができるのか 
 精神科医の立場から植松聖被告をどう見るか......松本俊彦×香山リカ

◆この4月に植松被告から届いた手紙に応えて...
 障害を持つ娘と暮らす身として植松青年には言わねばならない......最首 悟


◇記者クラブのあり方も問われている
 疑惑を深めた加計理事長異様な「記者会見」の真相......浅野健一

◇袴田事件の地裁決定はなぜ覆ったのか
 袴田巌さんの姉ひで子さんは「100歳まで闘う」と言った......青柳雄介

◇死刑執行が近いと言われる緊迫のなかで
 オウム死刑囚執行の行方とオウム事件をめぐる大議論......編集部

◇妻側が週刊誌を次々と告訴
 「紀州のドン・ファン」怪死\事件とメディアの攻防......篠田博之

〈巻頭グラビア〉
今月のONE SHOT 書店が店を閉じた夜――青山BC六本木
月刊 嘲笑の時代 リトルロケットマンと呼ばせない/他......マッド・アマノ
東京Street! 渋谷が燃えた夜/新宿賭博店摘発/他......篝一光
今月のカラクリ雑誌 家の外で「お得に」食事をする......今柊二
このすばらしき、ろくでもないCMプランナー おそまつさまでした......福里真一


2018-08_H1.jpg〈連載コラム〉
タレント文化人 筆刀両断! 【小池百合子】......佐高信
言論の覚悟 【僕もデビューは『情況』だ】......鈴木邦男
「こころの時代」解体新書 【安倍内閣という麻薬の中毒から回復する人たち】......香山リカ
極私的メディア論 【オウム真相究明の会と被害者遺族】......森達也
ナショナリズムという病理 【モスクワにおける日露首脳会談】......佐藤優
ドキュメント雨宮☆革命 【災害時の対応、決めときませんか?】......雨宮処凛
What`s Going On? 【映画『沖縄スパイ戦史』三上智恵×大宅英代】......加藤梅造
大川総裁の月刊『壊』【米朝会談は"おっさんずラブ"だ】......大川豊
バカ裁判傍聴記 【フィクションでない万引き家族】......阿曽山大噴火

< 2018年7月号 映画界の徹底研究 |