トップ > 月刊「創」のご案内 > 2021年アーカイブ

2021年 の月刊「創」


試し読み

ご購入はこちら

amazon

紙版

電子版

特集【マンガ市場の変貌】

◆総論
・『鬼滅の刃』『呪術廻戦』ジャンプの快走
・「ドラえもん50周年」と『名探偵コナン』
・『進撃の巨人』完結と『シリウス』の好調
・青年コミックと映像化・デジタル化
・少女・女性コミックとドラマ化の動き
・ライツビジネスとアニメ・ゲーム事業部

◆大きな伸び示すデジタルコミック
◆テレビ局が強化進めるアニメ事業

特集【三浦春馬「死」の波紋】
●三浦春馬さんの死をめぐる多くの女性たちの悲痛な声(7)
 女性の自殺が増え続けていることとの関係は...
●三浦春馬さんのお誕生日に贈る手紙
 4・5誕生日によせて......空羽ファティマ/海扉アラジン

◇菅首相親子が"主犯"の総務省贈収賄事件報道の検証
 政権スキャンダルをメディアはどう報じたか......浅野健一

◇「大崎事件と私」、そして再審法改正
 大崎事件弁護団事務局長インタビュー......鴨志田祐美

◇相模原障害者殺傷事件・植松聖死刑囚から届いた手紙
 死刑確定から1年、事件の風化も加速......篠田博之


試し読み

ご購入はこちら

amazon

紙版

電子版

特集【広告界の徹底研究】
◆クリエイターが語る「広告」という仕事
 ・一気に変わったこと......佐々木宏
 ・いろいろありすぎて......黒須美彦
 ・5Gってドラえもん?......澤本嘉光
 ・CMで少しホッとしてもらえたら......福里真一
 ・元気になった観葉植物......篠原 誠
 ・制作者も時代とともに変化を......山崎隆明
 ・笑顔の数を増やすこと......箭内道彦
 ・それはまだ、流行っていない。......権八成裕

◆変貌する広告会社の現状
 ・広告界のガリバー電通が取り組む業態の変容
 ・博報堂DYグループが挑む新たな取り組み
 ・構造改革を進めるADKが掲げる事業ビジョン
 ・創立60周年を迎える東急エージェンシーの今後



特集【三浦春馬「死」の波紋】
三浦春馬さんの死をめぐる多くの女性たちの悲痛な声(6)

映画『ブレイブ―群青戦記―』
 真実の剣の継承...ならば その道を進め!......空羽ファティマ/海扉アラジン

◇「東アジア反日武装戦線」を追ったドキュメンタリー映画
 映画『狼をさがして』の監督がたどった「狼」の足跡......太田昌国

◇厳しい処遇制限のなかで書かれた異例の獄中記!
 死刑確定後に想う「死刑と人権」......山田浩二

◇森喜朗氏「女性蔑視発言」騒動の検証

 川淵三郎氏を道化師にした森氏「性差別」発言報道......浅野健一


試し読み

ご購入はこちら

amazon

紙版

電子版

特集【新聞社の徹底研究】

◆昨年、コンテンツ編成本部を新設
 朝日新聞「統合編集」体制の加速

◆社会部や教育部のキャンペーンも
 読売新聞"新聞withデジタル"

◆「過去になかった大改革」を推進
 毎日新聞が取り組む組織改革

◆ニュースエディターの大きな役割とは
 日本経済新聞の進化するメディア戦略

◆昨年発足したDX本部の取り組みは
 産経新聞が挑む新事業開発の行方

◆大規模な読者調査を踏まえた編集方針とは
 「権力監視」掲げる東京新聞の今後

特集【三浦春馬「死」の波紋】

◇三浦春馬さん「死」の今なお続く波紋
 三浦春馬さんの死をめぐる女性たちの悲痛な声(5)

◇三浦春馬さんに贈る創作物語
 新しき春―fierté―  物語の中で今、彼は再び蘇る......空羽ファティマ/海扉アラジン

◇死刑確定後に書かれた異例の手記!
 二度目の死刑確定その後...寝屋川事件元被告の獄中手記......山田浩二

◇菅政権のメディア対応を検証する
 官邸広報センター設置で首相記者会見の正常化を......浅野健一


試し読み

ご購入はこちら

amazon

紙版

電子版

特集【出版社の徹底研究】

◆《総論》『鬼滅の刃』大ヒットとコロナの影響を受けて...
 出版界は今、どうなっているのか

◆売れ続ける『五等分の花嫁』始め、ヒットも数々...
 コミック堅調!講談社の出版戦略

◆好調な児童書や学習まんが、ドラえもん50周年企画も成功
 ドラえもん50周年と児童書好調小学館

◆『週刊少年ジャンプ』からは『呪術廻戦』など次の作品も...
 『鬼滅の刃』大ヒット!集英社の取り組み

◆『ペスト』や三島由紀夫作品が予想を超える売れ行き
 新潮社の文庫、文芸、コミックの現状......長岡義幸

◆文春オンライン絶好調で『ナンバー』もテコ入れ
 デジタル化加速する文藝春秋の戦略

◆完売・重版続く『アンアン』、書籍のヒットも
 『アンアン』50周年!マガジンハウス

◆『JJ』は月刊誌としては終焉、今後の戦略は
 光文社「女性誌王国」変容の行方

◇三浦春馬さん「死」の波紋は収まらず
 三浦春馬さんの死をめぐる多くの人たちの悲痛な声(4)

◇彼の魂が安らかでありますように
 「戦うべき相手は過去の自分」――三浦春馬さんが問いかけるもの......空羽ファティマ/海扉アラジン

■11月26日、大阪高裁決定は本誌への手紙も引用
 寝屋川事件元被告、再び死刑確定......篠田博之

○裁判傍聴記 第3弾!
 座間9人殺害事件・被告に死刑判決......渋井哲也

▼安倍前首相「桜を見る会」疑惑が改めて噴出!
 秘書を実名にして「桜」捜査の監視を......浅野健一


試し読み

ご購入はこちら

紙版

amazon

電子版

特集【テレビ局の徹底研究】

◆NHKの視聴者開拓とNHKプラス
 2020年に始まったNHKプラスとは...

◆日本テレビのコアターゲット戦略
 『スッキリ』の健闘、番組のライブ配信など...


◆ファミリーコア戦略TBSの健闘と課題
 『せっかくグルメ』やドラマが好調だが一方で...


◆午後の情報番組大幅改編のフジテレビ
 『バイキングMORE』情報番組として始動


◆ドラマ、情報番組堅調のテレビ朝
 『七人の秘書』『相棒』などドラマが快走


◆テレビ東京が描くテレビの未来図は
 とがった制作者たちを集めた新部署とは...


◇三浦春馬さん「死」の波紋

◇『天外者』に三浦さんは全身で向き合った
 映画『天外者』監督インタビュー
......田中光敏

◇三浦春馬さんが問いかけるもの
 熱い炎が灯る映画『天外者』
......空羽ファティマ/海扉アラジン

■沖縄タイムス元社員逮捕事件報道の検証
 沖縄タイムス元社員が持続化給付金詐欺容疑で逮捕された事件は地元で大きな問題となった
「紙面実名・ネット仮名」の異様な報道
......浅野健一

□座間9人殺害事件 白石隆浩被告・裁判傍聴記⑵
 犠牲になった女性たちとの間にはどんなやりが
......渋井哲也

☆週刊誌のバッシング報道に抗して「結婚宣言」......篠田博之
 眞子さま「お気持ち」文書と皇室タブー


★記者個人の問題意識が問われる時代
 連載コラム開始記念インタビュー
......望月衣塑子