創e-books

月刊『創』も、単行本も、創e-booksは専用端末やアプリは不要。ブラウザだけでその場で読める電子書籍YONDEMILLでご提供します。

まずは試し読み。続きが読みたくなったら、そのまま続きをご購入いただけます。

ピックアップe-books

月刊『創』2017年3月号 電子版

定価 500円(税込)

特集【新聞社の徹底研究】 など

『獄中のくまぇりに届いた  読者からのメッセージ』+くまぇりカフェ2016年7月~9月号

定価 300円(税込)

月刊『創』2016年9月号に掲載した『獄中のくまぇりに届いた  読者からのメッセージ』に加え、『くまぇりカフェ』の2016年7月~9月号をパッケージにしました。


ぢぢ放談 永六輔×矢崎泰久

定価 1,000円(税込)

2人の「爺」による舌鋒鋭い「時事」放談。テレビ、政治、選挙、基地問題、そして大相撲など、世間での話題を次々と俎上に載せる。

ぢぢ放談激闘篇 永六輔×矢崎泰久

定価 1,000円(税込)

永六輔さんと、元『話の特集』編集長・矢崎泰久さんの月刊『創』での連載対談をまとめた第2弾。


生ける屍の結末──「黒子のバスケ脅迫事件の全真相」 【第1章】

定価 500円(税込)

「黒子のバスケ」脅迫事件の渡邊博史被告が獄中で書き下ろした衝撃手記。

「黒子のバスケ」脅迫事件被告人の最終意見陳述「完全版」全文公開

定価 300円(税込)

この日のために渡邊被告は、A4のレポート用紙44枚にも及ぶ意見陳述用の原稿を書き上げていた。ここにその全文を掲載する。


田代まさしさん盗撮騒動の背景にある、薬物事件の一部始終

定価 300円(税込)

2010年の薬物事件直後から月刊『創』で掲載したレポートや本人の手記を一冊にまとめることにした。

連続放火事件「くまぇり」獄中手記

定価 300円(税込)

2006年、長野県で連続放火事件の容疑者として逮捕された自称「くまえり」の手記。


「創」掲載のマスコミ各社レポート過去5年分

マスコミ就職読本

定価 各300円(税込)
月刊『創』で特集した「出版社の徹底研究」「新聞社の徹底研究」「テレビ局の徹底研究」「広告界の徹底研究」過去5年分を電子書籍(スマホ版)で販売開始!
※試し読み、購入は各社名をクリックしてください


▼下記のリンクから試し読みできます。

出版社の徹底研究
講談社 ~2015
小学館 ~2015
集英社 ~2015
新潮社 ~2015
文藝春秋 ~2015
光文社 ~2015
マガジンハウス ~2015

新聞社の徹底研究
朝日新聞
読売新聞
毎日新聞
日経新聞
産経新聞
東京新聞

テレビ局の徹底研究
NHK
日本テレビ
TBS
フジテレビ
テレビ朝日
テレビ東京

広告界の徹底研究
電通
博報堂
ADK
東急AGC

言論の覚悟

言論の覚悟

定価 300円(税込)
月刊『創』で連載中の、鈴木邦男氏のコラム「言論の覚悟」を5回分セットにした書籍です。

▼下記のリンクから試し読みできます。

2014年12月~2015年5・6月号
2014年5・6月~11月号

極私的メディア論

極私的メディア論

定価 300円(税込)
月刊『創』で連載中の、森達也氏のコラム「極私的メディア論」を5回分セットにした書籍です。

▼下記のリンクから試し読みできます。

2014年12月~2015年5・6月号
2014年5・6月~11月号

ドキュメント雨宮☆革命

ドキュメント雨宮☆革命

定価 300円(税込)
月刊『創』で連載中の、雨宮処凛氏のコラム「ドキュメント雨宮☆革命」を5回分セットにした書籍です。

▼下記のリンクから試し読みできます。

2014年12月~2015年5・6月号
2014年5・6月~11月号


書籍購入

NHK受信料督促裁判を考える NHK受信料督促裁判を考える
#
NHKによる、受信料支払い拒否者への法的催促と裁判を、「公共放送」や「受信料」というものについて具体的に議論する良い機会として捉え、考えていくブログです。
篠田博之の「週刊誌を読む」 篠田博之の「週刊誌を読む」
#
「創」編集長・篠田が毎週、東京新聞に連載(北海道新聞・中国新聞も転載)しているコラム。