トップ > 月刊「創」のご案内 > 2022年7月号 映画界「性暴力」告発/「妻殺害」裁判への疑問

< 2022年6月号 再審めぐる歴史的改革/ウクライナ侵攻と報道 | 三浦春馬 死を超えて生きる人 Part3 >

2022年7月号 映画界「性暴力」告発/「妻殺害」裁判への疑問


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

amazon

映画界「性暴力」告発/「妻殺害」裁判への疑問

■告発を続ける当事者座談会......石川優実/知乃/葭本未熾/小川たまか
 映画・演劇界の「性暴力」告発の大きな動き
■これは、私個人の問題ではない......睡蓮みどり
 私が自分の身に起きたことを性暴力だと認識した瞬間
■後押ししたのは「時代の風」だった......編集部
 映画界の性暴力告発と#MeTooの経緯
■何が変わり、何が変わっていないのか......井原圭子
 朝日新聞社「ジェンダープロジェクト」の取り組み

●『クローズアップ現代』の取材でわかったこと......前田陽一
 妻は夫に「殺された」のか!? ――「事件と裁判」が問いかけるもの
●朴鍾顕被告の子どもたちは今どうしているのか
 「妻殺害」判決の元社員の母親が語ったこの6年間
●朴鍾顕被告の「パパ教室」
 獄中の父親から届いた子どもたちへの手紙

▲戦場取材を体験したジャーナリスト座談会......金平茂紀/綿井健陽/新田義貴/原田浩司
 ウクライナ報道とメディアの問題点を

◆4・5にちなんだ投稿を今回も
 春友さんたちから届いた数々の作品と熱い投稿
◆春友さんの霊能者体験談......空羽ファティマ/海扉アラジン
 どんな手段を使ってでも春馬くんと繋がりたい、と願う人びと

〈巻頭グラビア〉
今月のONE SHOT 再審法改正をめざして大きな
月刊 嘲笑の時代 北海道がロシアに占領される日 マッド・アマノ
講談社元社員「妻殺害」裁判に改めて提示された疑問
今月もたくさん届いた春友さんたちの作品と想い
退院直後の矢崎泰久さんと小室等さんとのトークライブ
今月のカラクリ雑誌 紙の雑誌を買う楽しさ・安らぎ 今柊二

〈NEWS EYE〉
・菅前総理ってそんなに懐の深い人だっけ?
・相模原事件・植松聖死刑囚の再審請求と最近届いた手紙
・元日本赤軍・重信房子さん20年ぶりに市民社会へ復帰

〈連載コラム〉
タレント文化人 筆刀両断! 【養老孟司】......佐高信
望月衣塑子の「現場発」 【沖縄復帰50年】......望月衣塑子
「こころの時代」解体新書 【『退化するサピエンス』という本が書きたい】......香山リカ
極私的メディア論 【『福田村事件(仮)』】......森達也
ナショナリズムという病理 【マリウポリの陥落と「琉球新報」社説】......佐藤優
再審弁護人のベレー帽日記【「適正手続」の危機】......鴨志田祐美
ドキュメント雨宮☆革命 【高円寺「やっぱり再開発はいらないパレード」】......雨宮処凛
大川総裁の月刊『壊』【常岡浩介氏が見たロシアとウクライナ(続)】......大川豊
バカ裁判傍聴記 【煙に巻くのがうまい被告人】......阿曽山大噴火

カテゴリ

< 2022年6月号 再審めぐる歴史的改革/ウクライナ侵攻と報道 | 三浦春馬 死を超えて生きる人 Part3 >