トップ > 月刊「創」のご案内 > 2019年8月号 川崎殺傷事件/映画「主戦場」/相模原事件3年

< 2019年7月号 映画界の徹底研究/山田死刑囚控訴取下げ |

2019年8月号 川崎殺傷事件/映画「主戦場」/相模原事件3年


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

死を覚悟しての犯罪にどう対処するか

◆引きこもりは若者問題といった括り方の誤りも浮き彫りに
 事件の連鎖と引きこもりへの誤解......斎藤 環

◆「家族会」広報担当理事が行政の対応の遅れと誤りを批判
 川崎殺傷事件と引きこもりへの偏見......池上正樹


【特集】相模原障害者殺傷事件3年

◆植松被告に一問一答
 植松聖被告がつづったこの3年間

〔訂正〕「植松被告が手紙につづったこの3年間」のP35中段後ろから3行目で正しくは《「希望」という漢字》とあるべきところが《「希望」という「感じ」》と誤植になっていました。お詫びし訂正します。

 

◆[座談会]やまゆり園など施設の実態は
 相模原事件で語られない施設の現実......井上英夫×渡辺一史×佐久間修


【特集】映画『主戦場』めぐる攻防 

上映中止を求め提訴に至った経緯

◆NY在住のドキュメンタリー映画監督が語る
 米国から見た『主戦場』と慰安婦問題......想田和弘

◆[対談]『主戦場』めぐる応酬で気になることは
 ドキュメンタリーは野蛮だと認識を......森達也×綿井健陽


◇警察署の面会室で本人と話した内容は...
 元体操五輪・岡崎聡子さん薬物逮捕と治療への決意......篠田博之

◇性暴力被害者の特別手記
 生き延びた私に、新しい社会を見せて......池田鮎美

◇寝屋川事件の控訴取り下げ無効の申し立てはどうなる
 山田元被告の死刑めぐる異例展開......篠田博之

〈巻頭グラビア〉
今月のONE SHOT 『主戦場』めぐる応酬、法廷での対決へ
月刊 嘲笑の時代 「不沈空母」迷言元総理の沈思黙考......マッド・アマノ
今月のカラクリ雑誌 『小学一年生』の付録がスゴかった......今柊二
強行採決から2年! なおも訴え続ける「共謀罪廃止!」

〈NEWS EYE〉
ビートたけし離婚騒動で『週刊新潮』と全面対決!?
吉本興業などの「闇営業」テレビへの激震の行方は...

〈連載コラム〉
タレント文化人 筆刀両断! 【加瀬英明】......佐高信
言論の覚悟 【松田妙子さんのおかげでいろんな人に会えた】......鈴木邦男
「こころの時代」解体新書 【「無職」は悪いことなのか】......香山リカ
極私的メディア論 【ピースボートカリブ海クルーズ1】......森達也
ナショナリズムという病理 【ホルムズ海峡付近におけるタンカー攻撃事件】......佐藤優
ドキュメント雨宮☆革命 【選挙前に平成で深刻化した貧困に迫る】......雨宮処凛 
What`s Going On? 【ソーラーシェアリングと地域循環型の社会】......加藤梅造
大川総裁の月刊『壊』【川崎殺傷事件と引きこもり】......大川豊
バカ裁判傍聴記 【検察官、裁判官の法廷でのメンツ】......阿曽山大噴火

< 2019年7月号 映画界の徹底研究/山田死刑囚控訴取下げ |