トップ> 月刊「創」ブログ > 『街の書店が消えてゆく』発売!

月刊「創」ブログ

『街の書店が消えてゆく』発売!

|

『街の書店が消えてゆく』ついに発売!月刊『創』で5年間追ってきたテーマを1冊にまとめたもので、ムック形式ですが書籍コードです。昨年末より劇的な展開のあった阿佐ヶ谷駅前の八重洲ブックセンター阿佐ヶ谷店では5月31日から100冊積み上げて大きく販売しています。今後全国書店で順次販売になるので、ぜひご購入下さい。このところ大きな社会問題になっているこのテーマに正面から挑んだ本です。

4904795806.MAIN.jpg

カテゴリ

日野不倫殺人事件の24年目の現実

1993年12月、日野市のアパートが放火され、子ども2人が焼死した。逮捕された北村有紀恵さんは無期懲役の判決を受け、服役中だ。その彼女の置かれた現実を通して贖罪について考える。
200円(税込)

2024年7月号 北新地放火殺人事件遺族/能登半島地震と原発


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

amazon

北新地放火殺人事件遺族/能登半島地震と原発

◆あの凄惨な事件の被害者遺族はいま.........伸子
 大阪無差別放火殺人事件、犠牲者遺族の思
◆地元在住ライターの生々しい現地報告......落合誓子
 能登半島地震の体験と珠洲原発の恐怖
◆クロ現、Nスぺ、ETV特集と重層展開......石原大史
 NHKドキュメンタリー「"冤罪"の深層」制作の舞台裏
◆「街の書店が消えてゆく」現実に対応の動き次々.........篠田博之
 一時は「無書店」となった立山町の注目すべき取り組み

■秋篠宮家をめぐって新たな動きが次々と.........篠田博之
 秋篠宮家の内情をめぐる週刊誌皇室報道の盛り上がり
■野党もメディアも分断されるなかで.........編集部
 経済安保秘密保護法などにペンクラブが抗議声明

●春友さんたちの投稿
 この4年弱...長いようで短かった日々を振り返る
●読者の皆さまに感謝をこめて......空羽ファティマ
 "三浦春馬特集"その終わりと始まり