トップ> 月刊「創」ブログ > 小室圭さんが突如公表した文書の波紋と眞子さまとの結婚延期騒動めぐる気になる動き

月刊「創」ブログ

小室圭さんが突如公表した文書の波紋と眞子さまとの結婚延期騒動めぐる気になる動き

|

 眞子さまとの結婚が延期になっている小室圭さんが2019年1月22日、突然、母親の金銭トラブルに関する見解を公表した。母親の元婚約者が返せと言っている400万円超のお金は借金とは考えておらず、この問題は既に解決済という、これまで報じられてきた通りの主張なのだが、当事者が発表したことで大きく報道された。

 top_image[1].jpg22日に圭さんが文書を発表するというのは、前日の21日夜8時過ぎに共同通信が速報で流し、マスコミは大騒ぎになったようだ。最初にそれを聞いた時には、思わず別の文書内容を想像してしまった。この1年ほど、週刊誌では、もう眞子さまとの結婚はありえない、解決の道は、小室さん側が婚約を辞退することだという報道がなされてきた。皇室関係者が週刊誌を使って小室さん側にメッセージを送っていたという側面もあるのかもしれない。
 2018年11月の誕生日会見で秋篠宮さま自身も、このままでは婚約に当たる納采の儀は難しいと直接言明。追いつめられた小室家側が辞退の申し出をしてもおかしくない雰囲気だった。私も当初、てっきり小室さん側が婚約辞退を表明したのかと勘違いした。

 そもそもこの騒動のきっかけは、2017年末に出た『週刊女性』の記事で、そこには圭さんの母親が元婚約者への借金を返していないという話が書かれていた。しかし実はその何カ月か前から、週刊誌には、小室家がいかに貧しいかとか、父親が自殺したらしいといった話が次々と報じられるようになっていた。
 考えようによっては、母子家庭で育った小室さんが貧しい中で留学を行うなど努力を重ね、皇族と結婚というのは、美談仕立てで報じることだってできる。それがそうならずにバッシングが拡大していった背景には、恐らく皇室内外でこの結婚に反対する声があったからではないだろうか。
 例えば2017年の婚約内定会見で、小室さんが眞子さまを「月」にたとえ、眞子さまが小室さんを「太陽」にたとえたのだが、皇室関係者の間では、皇族が「月」で一般人が「太陽」とは何事だという反発もあったと言われている。どうもこの結婚に反対する動きの中に、皇室関係者の小室家の「家柄」を問題にする空気があったと思われる。

 ただ今回いささか驚くのは、あの文書内容を読むと、小室さん母子はもしかして事態をあまり認識してないのではないかという気もすることだ。例えば文書の冒頭がこうだ。「いつも温かいご厚情を賜り、御礼を申し上げます」。いくら外交辞令とはいっても、毎週のように週刊誌でバッシングされているのをこの人は知っているのだろうかと思わせる表現だ。もしかすると圭さんはアメリカにいるために週刊誌やその見出しをあまり見ていないのではないかとも推測される。まあ日本にいて毎週のようにバッシングの記事やその見出しを見ていたのでは精神的に参ってしまうだろうから、あまり知らない方がよいのかもしれないが。

 今回の文書公表に対しても週刊誌は、批判一色だ。「小室圭さん母子 ここまでヤバイひとだったとは!」(フライデー)、「小室圭さんと消えた母 秋篠宮さまに開き直った『逆襲文書』に眞子さま号泣!」(女性セブン)等々。
『女性セブン』の「眞子さま号泣」とは、宮内庁関係者の眞子さまについての匿名コメント「さらに厳しい状況に追い込まれてしまった。号泣しても足りない落胆ぶりのようです」からとったものだ。

 そうした報道の中で幾つか気になる記述もある。例えば『週刊文春』1月31日号「小室の乱『眞子さま洗脳』」が、文書公表をめぐる経緯を報じる中で書いているのだが、共同通信が21日夜に流した速報記事にこう書かれていたという。「関係者によると、眞子さまと小室さんの結婚の意思は固い。眞子さまも文書の公開を把握している」
 「関係者」とは小室さん側の関係者だろうが、当事者二人の結婚の意思は固いというのだ。今回の文書公表についても、圭さんが事前に眞子さまに相談していたことが明記されている。これが本当なら、世間が思っているよりも二人の意思は揺らいでいないのかもしれない。

 もうひとつ気になる情報は、『週刊新潮』1月31日号と『女性セブン』2月7日号が書いているが、小室さんの母親が両陛下に直接説明したいと申し出ているというものだ。『週刊新潮』は「宮内庁が腰を抜かす『小室圭さん』ご母堂の『天皇陛下』謁見要求」という見出しで、その行動を「蛮行」「倒錯の極み」と激しく糾弾している。
 しかし、一連の動きを見ると、小室さん母子が弁護士と相談しながら事態打開をかなり積極的に模索しているらしいことがわかる。

 傍目から見れば、元婚約者からの金銭が借金かそうでないかにこだわらず返済して解決してしまった方がよいように思うのだが、『フラッシュ』2月5日号の連載漫画で小林よしのりさんがこう提案している。
 「そんなに400万円が二人の間の障害だというならわしが出してやってもいい!」
 元婚約者との話し合いは近々行われるようなのだが、さてこの騒動、今後どういう展開をたどるのだろうか。

カテゴリ

日野不倫殺人事件の24年目の現実

1993年12月、日野市のアパートが放火され、子ども2人が焼死した。逮捕された北村有紀恵さんは無期懲役の判決を受け、服役中だ。その彼女の置かれた現実を通して贖罪について考える。
200円(税込)

2019年3月号 新聞社の徹底研究/安田純平さん「自己責任」論


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

◆カルロス・ゴーン前会長逮捕スクープの背景は...
 朝日新聞「統合編集」体制の強化

◆「読売新聞オンライン」が2月にスタート
 読売新聞「紙とデジタル」で舵切り

◆この春には大幅な組織改革も予定 
 毎日新聞「過去にない大改革」大詰め

◆今年も日経電子版のリニューアルを...
 日本経済新聞デジタルファースト推進

◆社内での呼称は「産経新聞アンリミテッド(仮)」
 産経新聞が準備進める新しい電子媒体......道田陽一

◆デジタル化についても今年は本格的取り組み
 東京新聞が掲げる「権力監視と脱原発」


【シンポジウム】安田純平さん解放をめぐって
 ......安田純平/原田浩司/金平茂紀/綿井健陽/川上泰徳/野中章弘/南 彰
 戦場取材の意義と「自己責任」論

 

◇男女9人を殺害した犯行ツールはスマホとSNS
 座間事件・白石隆浩被告が面会室で語った犯行内容......今西憲之

◇安倍首相のサンゴ移植フェイク発言と報道の責任
 NHK『日曜討論』での安倍首相フェイク発言の波紋......横田 一

◇ドラマと映画の〝連動〟についてプロデューサーにインタビュー
 映画『七つの会議』とTBSのコンテンツ戦略......伊與田英徳