トップ> 月刊「創」ブログ > 講談社の垂れ幕がアピールするコミックの「近年にない大ヒット」作品とは

月刊「創」ブログ

講談社の垂れ幕がアピールするコミックの「近年にない大ヒット」作品とは

|

 2019年1月7日発売の月刊『創』(つくる)の特集は「出版社の徹底研究」だ。12月は年末進行で取材・執筆が本当に大変だったが、今の出版界をめぐる興味深い状況がいろいろわかって面白かった。11月に取材したテレビ界もそうだったが、いまメディア界はドラスティックな構造的変化を遂げている。以前の方程式があてはまらないような現象が次々に起きているのだ。

 ここで報告する講談社のケースもその一つかもしれない。詳細はぜひ『創』の特集を読んでいただくとして、ここでその一部を紹介しよう。

 講談社の社屋にかかる垂れ幕は

講談社.JPG 大手出版社の社屋には、ヒットしている本の垂れ幕がかかっている。マガジンハウスでいえば「君たちはどう生きるか」だが、いま講談社の社屋にかかっている4本の垂れ幕のうち2本は『転生したらスライムだった件』と『はたらく細胞』だ。これが今、講談社で「異例の大ヒット」と言われているのだが、作品名を聞いてもわからない人もいるかもしれない。

 この2つのマンガが連載されているのは同社発行の『月刊少年シリウス』だが、発行部数が1万部に満たないというマンガ雑誌としてはマイナー系だ。その雑誌の連載作品がコミックスで大ヒットになっているのだ。

 

 「近年なかったような、相当のヒットです」

 そう語るのは講談社販売局第三・第四事業販売部の高島祐一郎部長だ。

 「2つの作品とも2018年にアニメ化されたのが跳ねるきっかけになりました。もともと売れていた作品ですが、近年、アニメ化や映像化が昔ほど部数を押し上げる効果を持たないことも多いのです。でも今回は、7月に『はたらく細胞』が放送されて以降、全5巻で120万部もの重版がかかりました。全巻とも20万部以上の増刷です。アニメ化が決まっていたので6月から出荷を始めていたのですが、放送と同時に大きく跳ねました。

 『転生したらスライムだった件』は10月からアニメが放送されたのですが、全9巻で160万部もの重版がかかりました。そのおかげで『シリウス』はコミックスの売り上げが前年比180%。強烈な売り上げ増です。『シリウス』からこんなビッグタイトルが、しかも同じ年に出たということは大変喜ばしいことでした。

 もともと2作品とも『シリウス』では人気がありましたが、まだそこまで大きく認知されていなかったと思います。それがアニメ化によって、それまで知らなかったお客がついたのでしょうね。『はたらく細胞』は若年層に響いたようです」

 

2018年講談社コミック部門の収益に大きく寄与

 『転生したらスライムだった件』は、いわゆる転生ものと言われるジャンルで、ある日突然、異世界へ転生してしまうという話だ。もともとはマイクロマガジン社刊のラノベ小説なのだが、講談社ではシリウス・ラノベ編集部が、ラノベを『シリウス』でコミカライズし、アニメ化と連動させてヒットにつなげるという戦略を以前からとってきた。

 「『転生したらスライムだった件』は確かに転生ものではあるのですが、世界観は王道ファンタジーです。メジャー感のある作品だったことも受けた要因だと思います」(高島部長)

 最新の第9巻は初版30万部でスタートし、すぐに大きな重版がかかった。

 

 『はたらく細胞』については、スピンオフ作品がたくさん生まれているという。

 「『はたらく細菌』とか『はたらく細胞BLACK』『はたらかない細胞』とか、いろいろな作品が社内のいろいろな雑誌で生まれました。『モーニング』『なかよし』など雑誌は様々で、近々『別冊フレンド』でもスピンオフが掲載されます。今後も増え続け、スピンオフ作品だけで相当な数になる予定です」(同)

 2018年のコミック市場は、前半は低迷だったが後半盛り返している。ひとつの理由は、海賊版サイト「漫画村」が社会的非難の高まりで閉鎖したためではないかと見られている。講談社も18年前半はコミック部門が厳しい業績だったが、後半盛り返した。海賊版問題はあったとしても、それに加えて『シリウス』の2作品の大ヒットが要因になったことは間違いない。

 

 デジタルに詳しい吉村浩販売局長にも話を聞いた。吉村さんはもともと講談社のデジタル部門を統括してきた人だが、1年前から販売・宣伝・制作・流通も統括するようになった。

 「『転生したらスライムだった件』はすごいですね。アニメ化で一気に売れ行きにドライブがかかりました。紙の本ももちろん売れましたが、デジタルへの跳ね返りが記録的です。単月での売り上げをとると、『進撃の巨人』の記録を塗り替えました。もともと"異世界ブーム"にのって売れてはいたのですが、この爆発力はすごい。紙とアニメとデジタルがこんなふうに良い循環をしたのはしばらくぶりですね」

 

ヒットの方程式が変わりつつある?

「『進撃の巨人』の記録を塗り替えた」という指摘には驚く人も多いだろう。出版界ではこんなふうに予想を超えた大ヒットを「化ける」と表現するが、まさに2作品は大きく化けた事例と言ってよいだろう。ただそれが同じ雑誌から2作品続いたというのは、偶然の産物でなく、業界を覆う構造的変化と関わっていると考えた方がよいだろう。

 例えば小学館でも昨年来、『俺、つしま』『こぐまのケーキ屋さん』といったマンガのコミックスがヒットしているのだが、これはいずれもよく知られたマンガ雑誌の連載でなく、ツイッターで人気が出たものを編集者が見つけて紙の本として出したものだ。

 ヒットの生まれ方が従来のパターンと違ってきつつあるのだ。

 

 苦境に喘いでいると言われる出版界の、一方で今、新しい動きが出始めているように見える。そうした現象は、講談社や小学館だけでなく、いろいろな出版社で現れつつある。大きな要因はネットとの関りなのだが、かつてのように紙とネットを対立的に捉えるのでなく、どんなふうに両者を連動させるかが、戦略のカギになっている。

 12月、多くの出版社を取材しながら、そんなことを考えた。

 

カテゴリ

日野不倫殺人事件の24年目の現実

1993年12月、日野市のアパートが放火され、子ども2人が焼死した。逮捕された北村有紀恵さんは無期懲役の判決を受け、服役中だ。その彼女の置かれた現実を通して贖罪について考える。
200円(税込)

2019年2月号 出版社の徹底研究/高橋祐也被告判決

2018-02_H1.jpg特集【出版社の徹底研究】

◆〈座談会〉......清田義昭×松田哲夫×篠田博之
 深刻不況の出版界をめぐる大きな動き

◆『転生したらスライムだった件』『はたらく細胞』大ヒット!
 講談社が進める「紙もデジタルも

◆児童向けの出版で次々と独自の展開 
 小学館『コナン』『学習まんが』好調

◆「マンガ王国」めぐる新しい動き
 集英社のコミック・女性誌・書籍......道田陽一

◆『新潮45』休刊など〝厳冬〟は続くが明るい話題も
 新潮社『大家さんと僕』大ヒット......長岡義幸

◆『週刊文春』は一つの局となり、デジタルや書籍出版も
 文藝春秋『週刊文春』とデジタル

◆『君たちはどう生きるか』で大躍進
 マガジンハウスが進めるデジタル化

◆創刊60周年の『女性自身』が健闘
 光文社の週刊誌と女性誌の行方

 

◇三田佳子さんの次男の薬物事件報告(3)
 高橋祐也君の執行猶予付有罪判決の投げた波紋......篠田博之

◇相模原障碍者殺傷事件の真相解明は...
 植松聖被告が獄中で書いた小説

◇玉城沖縄県知事の訪米同行取材報告
 辺野古基地建設をめぐる安倍政権と沖縄の闘い......横田 一