トップ> 月刊「創」ブログ > 『三浦春馬 死を超えて生きる人Part3』発売中!  

月刊「創」ブログ

『三浦春馬 死を超えて生きる人Part3』発売中!  

|

『三浦春馬 死を超えて生きる人Part3』が発売されました。最寄りの書店で入手できない場合は、その書店からご注文いただくか、アマゾンなどネット書店からご注文ください。弊社ホームページからでもご注文可能です。

9784904795712.jpgのサムネイル画像

カテゴリ

日野不倫殺人事件の24年目の現実

1993年12月、日野市のアパートが放火され、子ども2人が焼死した。逮捕された北村有紀恵さんは無期懲役の判決を受け、服役中だ。その彼女の置かれた現実を通して贖罪について考える。
200円(税込)

2022年8月号 植松聖死刑囚/記者への性暴力/三浦春馬三回忌


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

amazon

植松聖死刑囚/記者への性暴力/三浦春馬三回忌

■再審弁護人のベレー帽日記【第15回拡大版】......鴨志田祐美
 長崎地裁判決の大きな意味6月が来るたびに
 ――あまりにずさんな大崎事件再審棄却決定
■東京拘置所の植松死刑囚と接触.........篠田博之
 植松聖死刑囚が自ら語った再審請求についての思い
●権力と報道の関係性を改めて考える......吉永磨美
 取材先からの「性暴力」長崎地裁判決の大きな意味
●大反響『朝日新聞政治部』著者インタビュー......鮫島 浩
 元政治記者が告発した朝日新聞社の内情
◆歴史的小説をどう映像化したのか......中鉢裕幸/加藤正人
 部落差別を描いた映画『破戒』が現代に問いかけるもの
◆いま注目のドキュメンタリー映画......松井 至
 映画『私だけ聴こえる』と「自分は何者なのか」という問い
▲あの7・18がまもなく訪れる
 春馬さん三回忌と春友さんたちの想い
▲キンキーブーツ3......空羽ファティマ/海扉アラジン
 ローラの教えと、疑惑問題の狭間で揺れる人々
★【ポンコツ亭日乗】......矢崎泰久
 言いたいことを言ってしまう

《What's Going on》
BLUE ISLAND 憂鬱之島【チャン・ジーウン監督】
百年と希望【西原孝至監督】希望とはなにか? 希望はどこにあるのか?