トップ> 単行本紹介 >「脱社会化」と少年犯罪/対論集 宮台真司×藤井誠二

「脱社会化」と少年犯罪/対論集 宮台真司×藤井誠二

変形B6判
ISBN4-924718-42-4
2001年7月6日発行

対論集 宮台真司×藤井誠二

気鋭の社会学者・宮台真司とノンフィクションライター・藤井誠二が語り合った。「酒鬼薔薇聖斗」の凶悪犯罪に象徴される、既存の社会規範からはずれた「脱社会的」な少年が急増している。彼らが置かれた現実を私たちはどう捉えたらいいのか!第1部は宮台氏の講演の収録、第2部は宮台・藤井両氏の対論。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「脱社会化」と少年犯罪/対論集 宮台真司×藤井誠二

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tsukuru.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3092