トップ> 月刊「創」ブログ > 『創』トークライブ 10月8日(月/祝日)相模原障害者殺傷事件の真相 

月刊「創」ブログ

『創』トークライブ 10月8日(月/祝日)相模原障害者殺傷事件の真相 

|

■『創』トークライブ  10月8日(月/祝日) 
「相模原障害者殺傷事件の真相」――『開けられたパンドラの箱』出版記念
新宿ロフトプラスワン 12時半開場、13時半開会、16時終了。
〔出演〕篠田博之(『創』編集長)/香山リカ(精神科医)/西角純志(元やまゆり園職員)/岩坂正人(障害者福祉関係者)。
他 、事件を追ったドキュメント映画の一部公開など。
第1部では、植松被告の未公開資料も含め、彼がなぜあの事件を起こすに至ったか、犯行に至る精神状態をどう見るか、また近況として最近まで行われた精神鑑定についてなど議論します。
第2部は神奈川県で40年以上障害者施設の仕事をしている岩坂正人さんや、津久井やまゆり園の元職員の西角さんらとともに、障害者差別と相模原事件について議論します。
会場にて『開けられたパンドラの箱』と月刊『創』11月号(9日発売)を販売します。

前売¥1,500/当日¥2,000(共に飲食別)※要1オーダー500円以上

事前売予約は下記からお願いします。

https://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/96786

カテゴリ

日野不倫殺人事件の24年目の現実

1993年12月、日野市のアパートが放火され、子ども2人が焼死した。逮捕された北村有紀恵さんは無期懲役の判決を受け、服役中だ。その彼女の置かれた現実を通して贖罪について考える。
200円(税込)

2018年11月号 三田佳子次男薬物逮捕/性犯罪出所者座談会


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

※11月号は10月7・8日が連休のため9日発売になります。

警察署の面会室で本人が語った内容

  三田佳子さんの次男、高橋祐也君逮捕と薬物依存......篠田博之

◆三田佳子さんの次男がつづっていた心情は...
 高橋祐也君が手記につづった少年期の自分......編集部

◆薬物依存対策の現状はいま... 
 薬物依存めぐる現状と「刑の一部執行猶予」制度......石塚伸一

◇性犯罪元受刑者との座談会
 ようやく始まった性犯罪"被害"と"加害"の対話......斉藤章佳×樹月カイン×山川 大輔

◇性犯罪再犯防止プログラム導入の契機に
 奈良女児殺害事件と小児性愛......篠田博之

◇性犯罪被害女性の20年の闘い
 レイプ被害女性闘病記の反響......篠田博之

◇性犯罪被害女性の体験手記
 私の性暴力被害体験 回復と葛藤......高橋エリ

◇まず報道側から認識を改めてほしい
 「性暴力の実態」をどう報じるか......小川たまか

●大きな課題を残したままの苦渋の決定か
 『新潮45』杉田論文めぐる休刊という深刻な事態......本誌編集部

●相模原障害者殺傷事件を考える 第15回
 植松聖被告が面会室で激高した瞬間......篠田博之