トップ> 月刊「創」ブログ > 作家・柳美里さんとのことについて説明します。

月刊「創」ブログ

作家・柳美里さんとのことについて説明します。

柳美里さんがご自身のブログに『創』の原稿料支払いが滞っていることを指摘する記述をしています。

そこに書かれた柳さんの主張は正当です。『創』はこの何年か、赤字が累積して厳しい状況が続き、制作費がまかなえなくなっています。その雑誌の赤字を個人で補填してきたわけですが、私はもともと会社からは報酬を得ていないので、補填するにも限界があり、いろいろな人に迷惑をかけるようになってしまいました。

もちろんその状況を改善すべく努力をしてきたのですが、出版不況はそれを超える深刻さでなかなか実効性があがりませんでした。ビジネスとして考えるなら雑誌を休刊させるしかないのですが、休刊させずにがんばってほしいと言ってくれる人も多かったので、無理を重ねてきました。連載執筆者の方たちには事情を説明して、原稿料にあたる分を出資という形にしてもらい支援していただけないか、と2年前の設立30周年の時にお願いし、応じていただいた人もいます。ただそのあたりは個々のお考えもあるだろうし、一律にお願いはしていませんでした。

そこまで無理をして続けるという判断が正しいかどうかは悩むところですが、出版不況の中でもともと利益にならない総合誌あるいはノンフィクション系の雑誌が次々と休刊させられていく状況に常々疑問を呈してきたので、利益が出なければやめるという判断にはすぐにはならなかったわけです。

柳さんとは、最初のきっかけは彼女のサイン会中止事件の頃ですから長いおつきあいになるし、連載をお願いしてからでも7年。イベントなどがあると必ず声をかけていただく関係でした。外部に対する連絡先を『創』編集部にしていただいていたことも含めて、良好な関係と思っていました。それゆえ連載終了と言われて、私の説明ができていなかったことや認識不足を思い知らされてショックを受け、一度お会いして話をしてからと思っていました。11月号で終了の説明をしなかったのは、話しあいのうえでと考えたからです。

今回聞いてみると、その9月締切の号で柳さんなりに考えがあったようでした。そういう事情についても私が対応できずにいたことは本当に申し訳ないと思っています。

プロの書き手として柳さんが言われていることは当然のことで、異論の余地はありません。早急に話し合いをし、対処したいと考えています。柳さん自身が書いているように、貴重な執筆の時間を妨げたことも申し訳ないと思っています。

                        月刊『創』編集長・篠田博之

 

日野不倫殺人事件の24年目の現実

1993年12月、日野市のアパートが放火され、子ども2人が焼死した。逮捕された北村有紀恵さんは無期懲役の判決を受け、服役中だ。その彼女の置かれた現実を通して贖罪について考える。
200円(税込)

2018年7月号 映画界の徹底研究


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

◆アニメと洋画大作の攻勢に実写映画は苦戦
 アニメ隆盛続く日本映画界の現状

◆劇場アニメ『GODZILLA』公開中!
 東宝「ゴジラ戦略会議」のマルチ展開

◆テレビ、映画、配信など総合コンテンツ戦略推進 
 最大の映画製作会社テレビ局の映画事業

◆ドキュメンタリー映画の現実と可能性
 『獄友』冤罪被害者5人の奇妙な友情

◆東海テレビのドキュメンタリー映画
 『人生フルーツ』記録的ヒットの背景

◆「観察映画」と「ドキュメンタリー映画」の関係は
 『港町』『ザ・ビッグハウス』観察映画とは


◇なぜ問題になるまでに20年もかかったのか
 生かせなかった敗戦――強制不妊と「翼賛体制」の再来......渡辺 周

◇「津久井やまゆり園」事件被告との対話 第11弾!
 相模原障害者殺傷事件 植松聖被告と強制不妊問題......篠田博之

◇〈手記〉松本智津夫の娘として
 オウム死刑確定者移送の日――父のこと、わたしのこと......松本麗華

◇「黒服の男」「白い不審な車」はどこに消えた?
 偏見報道止める公約無視の新潟女児死亡事件報道......浅野健一




トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 作家・柳美里さんとのことについて説明します。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tsukuru.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2846

コメントする