トップ> 月刊「創」ブログ > コリアンタウンで在特会と抗議市民が大集結!一触即発の局面も

月刊「創」ブログ

コリアンタウンで在特会と抗議市民が大集結!一触即発の局面も

blog0216ドンキ前ロング.JPG blog3674大久保公園出発前.JPG

blog0250デモ気勢.JPG 0233韓流百貨店blog.JPG

blog3685機動隊歩行者.JPG blog3678機動隊(タテ位置).JPG 

blog0426反レイシスト排除.JPG blog0205大通り手前で機動隊合流.JPG

2013年3月31日(日)、新大久保界隈の通称コリアンタウンが騒然となった。

韓国人排斥を唱えて連続デモを行っている在特会の「韓国人殺せ」などのヘイトスピーチが社会問題になっており、その日の在特会のデモには、それに抗議する市民らが大勢集まり、大久保通りをはさんで双方が対峙するという事態になった。機動隊も相当数が動員され、一時現場は緊迫した雰囲気に包まれた。

その日、午後2時に大久保公園に集まった在特会メンバーは300人ほど。「きょうは待ち構えている連中がかなりいるらしいから、挑発に乗らないように」などと主催者側が注意。「韓国人死ね」「ゴキブリ」などと聞くに堪えない怒号で知られる在特会が「挑発に乗らないように」は失笑ものだが、確かにこの日のプラカードはややおとなしめ。衝突で逮捕者が出るなどの事態は避けようと、在特会も緊張していたらしい。

2時半、デモ隊が出発。大通りに出た時点で、在特会に抗議する一に市民がデモ隊の横を歩きながらトラメガで応酬。在特会に「お前らこそ日本の恥だ」などと叫んで、激しくやりあう。のっけから双方、激しいやりとりで機動隊が規制に入った。途中では、ゲイのグループが在特会に抗議するパフォーマンスを行うなどした。

 blog3705ゲイ.JPG  blog0227挑発.JPG

デモが大久保通りに入ると、在特会に抗議する市民が反対側の歩道にずらっと勝ち構えており、車道の左側を行進するデモ隊と道をはさんで激しい応酬。いつものように「仲良くしようぜ」という、おとなしめのプラカードや風船部隊もいたが、在特会に抗議する側もこの日は武闘派っぽい勢いで、現場は騒然となった。新大久保駅近くの教会前では、黒人などの合唱隊がデモ隊が通りかかったのに合わせて抗議の合唱。その日は、在特会に対して、抗議する市民の側が人数でも迫力でも圧倒していたと言ってよい。

その後、デモ隊は解散地の公園に入ったが、抗議する市民らも近寄り、一触即発の雰囲気に。機動隊が激しい規制を行い、双方を引き離した。

その日、取材で魚住昭さん、安田浩一さんらが現場にいたほか、鈴木邦男さんや池田香代子さんらが、在特会に抗議する市民の側に。『創』も、編集部のほかに、毎号写真ページを連載している篝一光さんら写真家が現場入りした。

 

日野不倫殺人事件の24年目の現実

1993年12月、日野市のアパートが放火され、子ども2人が焼死した。逮捕された北村有紀恵さんは無期懲役の判決を受け、服役中だ。その彼女の置かれた現実を通して贖罪について考える。
200円(税込)

2017年8月号 特集【安倍「一強」 vs メディアの攻防】

2017-07_H1.jpg

試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

特集【安倍「一強」vsメディア】

◆前川前事務次官の会見で批判された読売とNHKは...
安倍「一強」にメディアはどう抗するか ......編集部

◆幕引きを図る安倍政権とメディアの攻防は...
加計学園獣医学部設置申請を取り下げよ......浅野健一

◆菅官房長官の会見で食い下がった女性記者とは
官房長官追いつめた東京新聞・望月記者......横田 一

◆ついに大阪地検の強制捜査!今後の行方は
強制捜査!「安倍疑惑」めぐる緊迫展開......今西憲之


◇「罪を償う」とはどういうことか
日野不倫殺人事件の24年目の現実......篠田博之

◇香山リカ講演会にも飛び火
一橋大学・百田尚樹講演会中止事件の深刻な波紋......篠田博之

◇くまぇりカフェ〈番外編〉
刑務所で想う愛犬タロウ......平田恵里香

◇1審判決後、拘置所で面会した被告の様子は...
昏睡強盗「声優のアイコ」と解離性同一性障害......萱野葵

◇風間博子死刑囚が訴えているものとは
埼玉愛犬家殺人事件解明されなかった真実......深笛義也




トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: コリアンタウンで在特会と抗議市民が大集結!一触即発の局面も

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tsukuru.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2599

コメントする