日本経済新聞社が新卒定期採用の募集を始めていますが、この動きには少し注意が必要です。というのも新聞社の場合、2年前に朝日新聞社が突然、6月から3月に試験を早めたことで、他社も対応せざるをえなくなり、これまではインターンシップがそれに使われてきました。ところが日経の場合は、今回、正規試験を前倒しすることに踏みきったわけです。これが他社にも影響を及ぼすのは必至で、読売新聞、共同通信などが今年どう動くのか、注目されます。

 インターンシップ受講者に呼び出しをかけて正規試験前に内々定を出していくというやり方をこの2年ほど多くの会社がやってきたわけですが、これは採用戦線を非常にわかりにくくしていました。

 ですから、正規試験と明らかにして採用を実施することを歓迎したいと思います。テレビ局は既に、堂々と採用試験と銘打って募集を行い、12月から1月にかけて次々と選考に入っています。

 出版社の場合も集英社が3月に試験を行うようになり、それに引っ張られる形で講談社や小学館が早期化に動いて2018年11月に次々とエントリーを開始しました。この1月から2月にかけて文藝春秋や新潮社なども次々と募集に踏み切りつつあります。

 経団連のガイドラインでは3月から募集開始、6月から選考開始とされていますが、マスコミについていえばそれは完全に崩れていると言えます。そうした現状を踏まえて、ガイドラインそのものを廃止してはどうかという議論が昨年起きました。結果的には、一応の目安としてガイドラインは残す方向でことが進んでいますが、就活する人はそのへんの事情を理解したうえで準備を進めないと、1~2月に事実上の選考が始まっていることも知らない人が時々います。こういう現状については大学のキャリアセンタ―も詳しく把握はできていないためですが、そういう動きを随時取材しているのが『マスコミ就職読本』です。ぜひマス読メールマガジンを読んで、全体の動きを把握して下さい。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日本経済新聞社が既に新卒定期採用の募集を始めていますが、この動きには少し注意が

必要です。というのも新聞社の場合、2年前に朝日新聞社が突然、6月から3月に試験を早めたことで、他社も対応せざるをえなくなり、インターンシップがそれに使われてきました。ところが日経の場合は、ここで正規試験を前倒しすることに踏みきったわけです。

これが他社にも影響を及ぼすのは必至で、読売、共同通信などが今年どう動くのか、注目されます。インターンシップ受講者に呼び出しをかけるといったやり方は採用戦線をわかりにくくするので、正規試験と明らかにして採用を実施することを歓迎したいと思います。出版社の場合も集英社に引っ張られる形で講談社や小学館が早期化に動いています。一部では今年もインターンシップ受講者から既に内々定が出ているという情報もあります。

 

 予測した通り、テレビ、出版など大手マスコミの採用へ向けた動きが早まっている。出版社の場合も、昨年度つまり今年春に行われた採用で集英社が3月試験開始と一気に日程を早めたことを受けて、講談社、小学館も2020年度採用については11月からエントリーを開始。大手出版社の選考日程が早まることはほぼ確実になった。テレビ局も年内に試験を始めるテレビ朝日を筆頭に、次々とエントリーが始まっており、それはキー局だけでなく大阪の準キー局にも広がっている。また動画エントリーが増えたことも、「マス読」で予想した通り。この動きはかなり広がりそうだ。

 正規試験と銘打っていないものの、新聞・通信社もインターンシップを使った事実の選考活動が年明けから本格化するのは確実だ。2020年度のマスコミ採用戦線は本格的に動き出したと言ってよいだろう。学生諸君の中には、そうした事情を知らずに、募集は来年3月からと思いこんでいる人も少なくない。この情報格差は年々ひどくなるばかりだ。マスコミ志望者は、「マス読」をきちんと読み、このメルマガで情報収集のアンテナをきちんと張ってほしいと思う。

 集英社、小学館に続いて講談社もエントリーを開始した。テレビもテレ朝、日テレを筆頭にエントリー開始。予想以上のペースで採用早期化が進んでいる。しかもそうした正規試験の発表と別に、大手マスコミはインターンシップ受講者に呼び出しをかけており、そこからも選考が進みそうだ。マイナビやリクナビは経団連のガイドライン遵守なので、この時点での募集情報は掲載しない。そこで、よけいに採用の動きがわかりにくくなっている。この1~2カ月が大手マスコミ志望者にとって重要だ。このメルマガを活用して、情報収集のアンテナをきちんと張っていこう。

 

テレビ朝日がエントリーを開始したのに続き、日本テレビもエントリー開始。出版社でも昨年度から早期化した集英社に続いて小学館もエントリーを開始した。集英社は来年の試験日程まで公表している、小学館が昨年に比べてエントリー開始を1カ月早めたのは、やはり集英社が早期化した影響だろう。テレビ局はキー局以外でも在阪キー局も続々とエントリーを始めている。ガイドラインでは3月とされている募集開始がマスコミの場合、実質的に11月になっている。志望者は要注意だ。

 TBSなどアナウンサーについては既に2020年度採用が動き出しているが、11月に入ると集英社を始め、動きが一気に広がりそうだ。「募集開始は来年3月から」と思っている人もいるだろうし、確かに経団連のガイドラインではそうなっているのだが、これはあくまでも一つの目安に過ぎず、マスコミはその前に動き出すのが通例だ。集英社などエントリー時期を早めただけでなく、昨年度は試験そのものを3月に前倒しして受験者を驚かせた。その動きに来年度は講談社や小学館も何らかの対応措置を講じる可能性がある。朝日新聞社が試験を3月に前倒ししたばかりか昨年度というかこの春の採用では筆記試験をなくすという、新聞社の試験の常識を覆すような動きに出るなど、採用戦線は大きく様変わりしつつある。年内からテレビ朝日が選考を始めるのは確実で、11月に入るとエントリーなど一気に採用戦線が動き出すと言える。大手マスコミが続々とインターンシップの募集も行っているが、この時期から後のインターンシップは採用と連動していくので要注意だ。志望者はできるだけ早めに準備にかかったほうがよいだろう。マス読も、11月15日の「毎日新聞記者と語る会」や、7日からの実践講座の開講など、来年度へ向けた就職支援活動を始める予定だ。

『マス読』を」きちんと読んでいる人なら理解しているでしょうか、経団連のガイドラインでは来年3月募集開始となっている採用戦線、実際には年末から動き出します。マスコミではテレビ朝日が12月からエントリーを開始し、昨年は 12月中に筆記試験も実施しました。そうした採用へ向けた会社説明会が始まりつつあります。動きの早いテレビ朝日の場合は、2020年度採用のページで技術職の会社説明会の告知を始めました。2019年度採用の秋採用が行われている一方で、2020年度採用の動きが始まったわけです。テレビキー局の場合、昨今では12月から1月にかけて採用の最初のピークが訪れます。ぜひ企業研究をしっかりと行い、就活の本格的準備を始めてください。

10月に入って、いよいよマス読の就活支援の様々な活動が始まります!
●毎日新聞記者と語る会 11月15日夜、毎日ホールで開催
 もう約20年続いて毎年大好評の「毎日新聞記者と語る会」、今年は11月15日(木)夜に開催することになりました。現役の社会部など各部署の新聞記者と徹底議論するものです。近々エントリーを開始しますが、報道志望の人はまず11月15日夜の予定を押さえてください。この「記者と語る会」シリーズは年明けに東京新聞など他の新聞ともやります。
●マス読実践講座第1期、11月7日から毎週水曜夜開講!受付開始します
 論作文、エントリーシート、面接など、一通りの試験対策を5回の講座で行います。少人数制で今回は12名募集!定員になり次第締め切ります。授業内容や受講申し込みは下記から。10月15日までに受付完了した人は受講料15000円のうち1000円を割引します。
http://www.tsukuru.co.jp/masudoku/kouza/jissen.html
●マス読メーリングリストを来週から登録開始します。
問合せがたくさん来ているマス読メーリングリストですが、来週にも、新聞、放送、出版などジャンル別に立ち上げ、参加者を募ります。例年だと年内に講談社訪問など始めますが、今年については検討中。とりあえずメーリングリストを先に立ち上げます。

 前回も書いた経団連の就活ガイドラインの廃止問題ですが、いずれにせよ来年度は現行通りですが、経団連が身を引く再来年以降も、枠組みを変えてガイドライン的なものは維持しようということに決まりそうです。もともと現行のガイドラインが守られてないというところからこの議論は始まったのですが、目安が何もなくて無政府状態になるのも困るという声が多かったということでしょう。確かにガイドラインは守られてないのですが、ただ無視している会社も一応それを意識しつつやっているので、多少の歯止めにはなってないわけで、この歯止めというのもあった方がよいとは思います。

 で、結局のところ、来年度の採用戦線は、ほぼ今年度の延長になることが決まっています。なかには今春の集英社のように、突然採用日程を前倒しする会社もあったのですが、概ね『マスコミ就職読本』が書いているような流れで全体が動いていく。それは来年度も同じでしょう。来年度の就活をめざしている人にぜひ知っておいてほしいのは、この3年ほどはインターンシップを活用した早期の採用活動が拡大しており、ぜひそれに注意を払っておいてほしいということです。事実上、12月から1月に採用のひとつのヤマが訪れます。それへ向けてこれから準備を始めてください。そのために『マスコミ就職読本』は立ち読みとかでなく、ぜひ購読してください。

 

 経団連が就活ガイドラインの総元締めになっていることに対して、それを廃止したいと発言したとから大きな議論が起きています。それについてテレビ局が大学2~3年生に「どう思いますか」どとマイクを向けて取材している様子をニュースでよく見かけますが、この何年かガイドライン自体が変遷しているし、問われた方も何が起きているのかわからず戸惑っているようです。
  マスコミ報道では、せっかく決めたガイドラインを守らない会社も多く...と言われていますが、実はその守っていない業種のひとつがマスコミです。新聞などでは、一部IT企業がガイドラインに従わず云々と書かれていますが、実はその新聞社自身が、インターンシップ受講者に呼び出しをかけ、前年度でいうと募集開始の解禁日である3月1日以前に相当、事実上の選考を行っていました。それを他人事のように報道するマスコミ自身もどうかと思いますが、ただその現実は来年度も変わりません。是非論は別にして、来年度受験者はもう待ったなしなので、準備はしていくしかありません。