トップ > 月刊「創」のご案内 > 2020年5・6月号 マンガ市場の変貌/ 相模原事件死刑判決

< 2020年4月号 広告界の徹底研究 / 相模原事件裁判報告 | 2020年7月号 「コロナ後」を探る/検察と政権/相模原事件 ほか >

2020年5・6月号 マンガ市場の変貌/ 相模原事件死刑判決


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

特集【マンガ市場の変貌】
・『鬼滅の刃』大ブレイクとジャンプコミックス
・「ドラえもん50周年」をめぐる様々な展開
・『五等分の花嫁』ヒットの講談社少年コミック
・『名探偵コナン』と小学館の少年・児童コミック
・『テセウスの船』など映像化が青年マンガを後押し
・少女・女性マンガのドラマ・映画との連動
◆さらに拡大するマンガのデジタル化
◆テレビアニメをめぐる様々な動き


特集【相模原事件死刑判決!】
・本質に踏み込めなかった裁判と判決
・精神医学から見た裁判での議論......松本俊彦
・植松聖被告、最後の獄中手記
・相模原事件で残された大きな課題......渡辺一史×雨宮処凛×西角純志

※お詫びと訂正 P55「かながわ共同会の米山勝彦理事長」は「草光純二理事長」の誤り。米山氏は前理事長でした。お詫びし訂正します。


◇最高裁が検察の抗告を却下、そして次は
 「取り下げ無効決定から3カ月事態は重要局面へ......山田浩二

◇誤認逮捕報道をめぐり波紋が拡大
 誤認逮捕記事を図書館が閲覧制限......浅野健一

◇4件の無罪判決のうち2件が逆転
 性犯罪判決を覆した1年間の闘い......小川たまか

◇このままだと検察が政権の軍門に
 官邸の検察人事介入「黒川問題」......伊藤博敏

〈巻頭グラビア〉
今月のONE SHOT 3月16日、横浜地裁で相模原事件に死刑判決!
月刊 嘲笑の時代 コロナ大惨事で転倒必死か?......マッド・アマノ
今月のカラクリ 新型コロナウイルスと黒澤明......今柊二


〈連載コラム〉
タレント文化人 筆刀両断! 【豊田章男】......佐高信
言論の覚悟 【「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」】......鈴木邦男
「こころの時代」解体新書 【へイト感情でウイルス対策に遅れた日本】......香山リカ
極私的メディア論 【動機の根柢はレイシズムではない】......森達也
ナショナリズムという病理 【プーチン・ロシア大統領の国家観】......佐藤優
ドキュメント雨宮☆革命 【新型コロナウイルス生活困窮に使える方法】......雨宮処凛
What`s Going On? 【「わたしは分断を許さない」堀潤】......加藤梅造
大川総裁の月刊『壊』【コロナを制圧するために】......大川豊
バカ裁判傍聴記 【検察官に同情される被告人】......阿曽山大噴火

< 2020年4月号 広告界の徹底研究 / 相模原事件裁判報告 | 2020年7月号 「コロナ後」を探る/検察と政権/相模原事件 ほか >