トップ> 月刊「創」ブログ > 相模原障害者殺傷事件・植松聖被告の衝撃的な獄中自筆漫画

月刊「創」ブログ

相模原障害者殺傷事件・植松聖被告の衝撃的な獄中自筆漫画

|

 相模原障害者殺傷事件・植松聖被告から昨年に続いて青い表紙の獄中ノートが送られてきた。今回のには、彼が描いた漫画が描かれていた。一昨年、障害者19人を殺害したその動機を自分なりに漫画に描こうと考えたようだ。漫画は相当のページ数にわたるのだが、そこから半分くらいのカットを割愛して14ページにまとめ、2月7日発売の月刊『創』3月号に原画のまま掲載した。この記事の冒頭に掲げたのは、その中の1コマだ。

 

DSCN0793.JPG 彼のイラストについては『創』だけでなく新聞やテレビでも紹介されたが、ストーリー漫画は初めてだ。衝撃的なのはそのことではなく、この漫画を読むと、あの事件及び植松被告についてのイメージがいささか変わる。その意味では、植松被告ないし彼の犯行を理解するには貴重な素材と言えよう。

 

 植松被告は犯行直後にツイッターに「世界が平和になりますように」という投稿を行っているのだが、あの凄惨な事件と世界平和がどう結びつくのかほとんど人が不可解だとしか思わなかったろう。しかし、今回の漫画を読むと、彼の優生思想と言われているものは、今まで思われていたものとは少し違うように見える。障害者への認識だけでなく、人間社会そのものへのある種の虚無が漂っているようにも見えるからだ。

 ここに掲げた1カットだけでは意味はわからないと思うので、ぜひ発売中の『創』をご覧いただきたい。相模原事件は発生からもう1年半。私が植松被告と密に接触するようになって半年だが、いまだにあの犯行についてはわからないことが多い。事件は急速に風化しつつあるのだが、衝撃的な事件だけに風化させてはいけないと思う。

 

 植松被告は、間もなく弁護側が申請した精神科医による精神鑑定にかけられる。昨年9月号から『創』には彼の手記や手紙を連載してきた。彼についてはいろいろなことがわかってきたのだが、あの犯行は結局、病気によるものなのか、そうではないのか。その一番根本的な部分についてさえ、明確な答えは出されていない。

カテゴリ

日野不倫殺人事件の24年目の現実

1993年12月、日野市のアパートが放火され、子ども2人が焼死した。逮捕された北村有紀恵さんは無期懲役の判決を受け、服役中だ。その彼女の置かれた現実を通して贖罪について考える。
200円(税込)

2018年7月号 映画界の徹底研究


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

◆アニメと洋画大作の攻勢に実写映画は苦戦
 アニメ隆盛続く日本映画界の現状

◆劇場アニメ『GODZILLA』公開中!
 東宝「ゴジラ戦略会議」のマルチ展開

◆テレビ、映画、配信など総合コンテンツ戦略推進 
 最大の映画製作会社テレビ局の映画事業

◆ドキュメンタリー映画の現実と可能性
 『獄友』冤罪被害者5人の奇妙な友情

◆東海テレビのドキュメンタリー映画
 『人生フルーツ』記録的ヒットの背景

◆「観察映画」と「ドキュメンタリー映画」の関係は
 『港町』『ザ・ビッグハウス』観察映画とは


◇なぜ問題になるまでに20年もかかったのか
 生かせなかった敗戦――強制不妊と「翼賛体制」の再来......渡辺 周

◇「津久井やまゆり園」事件被告との対話 第11弾!
 相模原障害者殺傷事件 植松聖被告と強制不妊問題......篠田博之

◇〈手記〉松本智津夫の娘として
 オウム死刑確定者移送の日――父のこと、わたしのこと......松本麗華

◇「黒服の男」「白い不審な車」はどこに消えた?
 偏見報道止める公約無視の新潟女児死亡事件報道......浅野健一