トップ> 月刊「創」ブログ > 秋篠宮家・眞子さま婚約相手の小室家バッシングの背後に何があるのか

月刊「創」ブログ

秋篠宮家・眞子さま婚約相手の小室家バッシングの背後に何があるのか

|

 嫌な感じが拭えない。秋篠宮家の眞子さまの結婚をめぐって、婚約者である小室圭さんの家庭をめぐるバッシングが週刊誌で相次いでいる。皇室タブーを打ち破る試みであれば賛同するところだが、どうも一連のバッシングはその逆であるように見えてならない。

小室家バッシング.JPGのサムネイル画像 今回の一連の報道のきっかけは『週刊女性』12月26日号「眞子さま嫁ぎ先の"義母"が抱える400万円超"借金トラブル"」だった。「借金トラブル」とは、小室圭さんの母親に対して、彼女の元婚約者男性が、婚約解消を機に、それまでに渡したお金を返してほしいと言っているという話だ。男性は貸した金だというのだが、小室さん母子は借りたものではないと主張しているらしい。

 婚約していた時期には男性は小室母子と家族同然の関係で、彼は圭さんの留学費用などを出していたらしい。圭さんは小さい頃父親を亡くし、母子家庭で育ってきた。決して裕福ではなかったのだろう。

週刊女性は表紙にも大々的に]]貧しい中で息子を育て、その子が成長して皇族を嫁に迎える。書き方によっては美談になるところだが、この間の週刊誌報道はほとんど、小室家が貧しいことをネガティブに伝えるものだ。しかも元婚約者から小室家にお金がいつ幾ら渡されたか詳細に公開している。『週刊女性』には銀行振り込みの明細まで掲載されていた。

  そして結納に当たる「納采の儀」が迫ってきたこの時期、『週刊文春』2月1日号「秋篠宮家眞子さま婚約者小室圭さんの憂い」、『週刊新潮』2月1日号「『海の王子』母親の430万円『援助交際』トラブル」と、同じ情報源によると思われる報道が続いている。

 気になるのは、そうした報道が、もっぱら小室家は眞子さまの嫁ぎ先としてふさわしいのか疑問を呈するという印象になっていることだ。『週刊新潮』には、皇族の配偶者の家族にも品位が必要だというコメントも掲載されている。

 しかも同誌の見出し「母親の430万円『援助交際』トラブル」には驚いてしまう。婚約していた時期に、その男性が母子のためにお金を出していたのを「援助交際」とは普通言わないだろう。相当な悪意が込められている。

 もちろん直接的には、婚約を解消した男性から情報を得ているため、情報源に引っ張られて圭さん母子に批判的になっているのだが、どうもそれだけではないような気もする。つまり、一連の報道には、皇室の尊厳を重んじる保守的な立場からの、この結婚に反対する意思が反映されているように思えてならないのだ。

 

  それは今回の報道に限らず、小室圭さんの存在が明らかになってすぐの時点から、小室家が母子家庭で貧乏であることや、圭さんの父親の死が自殺だったらしいといったことが次々と報じられるに至っている。つまり小室家は皇族との結婚にふさわしいのか、という見方が一貫して見え隠れしているのだ。

 そうした流れに逆張りの報道を行ったのは『女性セブン』2月8日号「眞子さまの結婚 抵抗勢力の蠢き」だ。宮内庁周辺の一部に、結婚に反対する人たちがいて、その思惑が働いているという見方が指摘され、そうした皇室保守派の立場を「抵抗勢力」と呼んでいるのだ。

 

 そもそも皇太子一家が公務よりも家族を大事にしているといった批判を週刊誌が一貫して投げつけてきたのも、皇室の尊厳を叫ぶ人たちの意思が反映されていたと考えるべきだろう。もともと皇室報道についていえば、皇室スキャンダルふうの報道を行っても、皇室の尊厳を重んじる立場から現状に苦言を呈しているのだと言えば、ある程度許容されてしまう空気があった。週刊誌などの雅子妃や皇太子批判のスタンスは基本的にそれだ。

 一連の小室家バッシングはどう見ても、皇族を一段上に置く立場から小室家を批判しているものだ。皇室周辺のいずれかに、この結婚に反対している人がいるのだろう。

  一部報道では既に結婚は延期になるのではと観測をあげているものもある。別に小室家や眞子さまに同情するのではないのだが、一連のバッシング報道にはどうも嫌な感じがつきまとって離れないのだ。この結婚、いったいどうなるのだろうか。

カテゴリ

日野不倫殺人事件の24年目の現実

1993年12月、日野市のアパートが放火され、子ども2人が焼死した。逮捕された北村有紀恵さんは無期懲役の判決を受け、服役中だ。その彼女の置かれた現実を通して贖罪について考える。
200円(税込)

2018年2月号 出版社の徹底研究


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

特集【出版者の徹底研究】

◆〈座談会〉清田義昭×松田哲夫×篠田博之
不況の出版界めぐる様々な動き

◆総合出版社であることを生かした取り組みとは
講談社が進める紙と電子の試み

◆大ヒットの背景にはきめ細かな施策が... 
『九十歳。何がめでたい』小学館の戦略

◆「マンガ王国」集英社の現状は...
『少年ジャンプ』50周年と集英社の行方

◆書籍のほか『二コラ』やコミックが健闘
新潮社、書籍のヒットと文庫の課題

◆『週刊文春』デジタル班新設の影響は...
文藝春秋、『週刊文春』とデジタルの今後

◆『君たちはどう生きるか』がミリオンセラーに
マガジンハウスの大ヒットと雑誌群

◆鉄板だった女性月刊誌が足踏み状態で...
「女性誌王国」光文社の新しい動き


◇「津久井やまゆり園」事件被告の証言 第7弾!
植松聖被告が接見で語った相模原事件の詳細......篠田博之

◇寄稿者の情報が入ったパソコンも押収
共謀罪適用? 公安による「人民新聞」編集長不当逮捕......浅野健一

◇性犯罪治療プログラムの体験報告
懲役13年で服役中のある性犯罪者の告白......樹月カイン