トップ> 月刊「創」ブログ > シンポジウム「『忖度』が奪う表現の自由」

月刊「創」ブログ

シンポジウム「『忖度』が奪う表現の自由」

|

シンポジウム「『忖度』が奪う表現の自由」

主催 一般社団法人日本ペンクラブ 

http://japanpen.or.jp/

日時 2018年1月31日(水)

(午後6時20分開場)午後6時40分開演 午後9時終演予定 参加費 1000円

会場 文京シビックセンター・小ホール

http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html

住所:〒112-0003 東京都文京区春日1-16-21 文京シビックセンター 2階

     東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅直結

     都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅直結

     JR中央・総武線水道橋駅 徒歩約10分

 

この10年ほど、教育現場も行政も、政府に批判的な言論や表現については自主規制して会場を貸さない、後援しない、掲載は不許可にするという事態が広がっています。

暴力的な言論弾圧と違って見えにくいために、ある意味ではより深刻な表現規制となっています。こういう風潮は今後拡大していく恐れもあります。また、憲法改正の動きのなかで、表現の自由がどういう状況に置かれ、どうなっていくかは大きな問題と言えます。

こういう状況についてどう考え、どう対処すべきか。わずかな抗議にも行政が怯えて言論規制や萎縮に走ってしまう事態について、事例に即して考え議論したいと思います。

吉岡忍日本ペンクラブ会長と講演中止に追い込まれた経験のある上野千鶴子、香山リカ両氏に、さいたま「9条俳句」訴訟の原告関係者の方々にもご参加いただき、シンポジウムを開催します。

 

パネラー

・上野千鶴子(社会学者/東京大学名誉教授/認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長)

・香山リカ(精神科医/立教大学現代心理学部映像身体学科教授)

・久保田和志「9条俳句」訴訟原告弁護団事務局長/弁護士) ※原告女性 会場発言

・吉岡忍 (作家/日本ペンクラブ会長)

コーディネーター 篠田博之(日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長)

※会場からは、同様の事例の起きた「国分寺九条の会」関係者や、浅田次郎ペンクラブ前会長も発言の予定です。

 

座席をあらかじめ確保したい方は下記の予約フォームから予約をお願いします。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=becdc887aefbe637

 

カテゴリ

日野不倫殺人事件の24年目の現実

1993年12月、日野市のアパートが放火され、子ども2人が焼死した。逮捕された北村有紀恵さんは無期懲役の判決を受け、服役中だ。その彼女の置かれた現実を通して贖罪について考える。
200円(税込)

2018年7月号 映画界の徹底研究


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

◆アニメと洋画大作の攻勢に実写映画は苦戦
 アニメ隆盛続く日本映画界の現状

◆劇場アニメ『GODZILLA』公開中!
 東宝「ゴジラ戦略会議」のマルチ展開

◆テレビ、映画、配信など総合コンテンツ戦略推進 
 最大の映画製作会社テレビ局の映画事業

◆ドキュメンタリー映画の現実と可能性
 『獄友』冤罪被害者5人の奇妙な友情

◆東海テレビのドキュメンタリー映画
 『人生フルーツ』記録的ヒットの背景

◆「観察映画」と「ドキュメンタリー映画」の関係は
 『港町』『ザ・ビッグハウス』観察映画とは


◇なぜ問題になるまでに20年もかかったのか
 生かせなかった敗戦――強制不妊と「翼賛体制」の再来......渡辺 周

◇「津久井やまゆり園」事件被告との対話 第11弾!
 相模原障害者殺傷事件 植松聖被告と強制不妊問題......篠田博之

◇〈手記〉松本智津夫の娘として
 オウム死刑確定者移送の日――父のこと、わたしのこと......松本麗華

◇「黒服の男」「白い不審な車」はどこに消えた?
 偏見報道止める公約無視の新潟女児死亡事件報道......浅野健一