トップ> 月刊「創」ブログ > 相模原障害者殺傷事件・植松聖被告が『創』11月号に獄中手記掲載

月刊「創」ブログ

相模原障害者殺傷事件・植松聖被告が『創』11月号に獄中手記掲載

|

 201710月3日に相模原障害者殺傷事件の植松聖被告に何度目かの接見をした。ちょうどアメリカで銃乱射事件の起きた直後だったが、植松被告はそのニュースを毎日流れるFM横浜のラジオで聞いたらしい。「恐ろしい事件ですねえ」と言うのだが、植松被告が他人事ふうにそう言うのを聞いて「君の事件も恐ろしいけど」と言うと苦笑していた。

 

植松.JPGのサムネイル画像 さて10月7日発売の月刊『創』11月号には、植松被告の獄中手記を掲載した。2016年7月26日未明の19人もの死者を出した津久井やまゆり園での事件には、現場の詳細についてまだ明らかになっていないことが多い。全貌は本人しか知りえないのだが、なぜ植松被告があの事件に自らを駆り立てていったかを含めて、可能な限り真実を明らかにしたいと思っている。

 今回の手記には事件直後、植松被告が津久井警察署に出頭してからの経緯を書いてもらった。その冒頭部分をここに公開しよう。

 

《2016年7月26日未明、津久井署に向かう途中、コンビニへ寄りタバコとエクレア、コーラを買いました。

 コンビニから津久井署は車で5分程ですが、その間にタバコを3本吸い、コーラをがぶ飲みして、エクレアは半分しか食べきれず署に着いてしまいました。

 ゆっくり食べてから出頭しても良かったのかもしれませんが、エクレアを食べている時に逮捕されてはマヌケすぎると思ったからです。

 

「今、やまゆり園で起きた事件の犯人は私です。世界平和の為にやりました」

 このような言葉で自首したと思います。

 とりあえず取り調べ室に移され、簡単な調べをうけました。全力で走り続けていた私は、椅子に座わると安堵からか身体中の筋肉が引き吊りました。

 その空間は現場に着いたお巡りの声が無線から流れています。

「えーー負傷者は、えーー今は、えーー」

 まるで分からない報告は、現場の混乱がよく伝わりました。

 鍔のない包丁で刺したので、右手の小指は肉がえぐれ飛び出していました。それまではどうしたこともなかったのですが、少しずつ痛みが増してきました。》

 

 同じ『創』11月号には、この間、植松被告と交わした接見や手紙の内容も紹介した。障害者を殺害するという行為について、あるいは彼が自分が死刑を宣告される可能性や自分の死についてどう考えているのか、そうした議論を植松被告としているのだが、彼の手紙の内容も興味深い。

 植松被告は今のところ、事件を起こした自分の想念を変えるつもりはないようで、議論は平行線に終わるのだが、しかし彼がその自分の想念について疑問を投げられ、それについて考え、さらに自分の気持ちを語るという、このプロセスは、あの凄惨な事件を解明するうえで極めて大事なことだ。植松被告は、安楽死すべき命と尊重すべき命の間を線引きしてみせるのだが、実はその境目は彼自身にとっても曖昧だ。

 

 それから、この場を借りてお伝えしたいが、この間、いろいろな方からたくさんのお手紙やメールをいただいている。特にこれまで障害者と関わってきた方々、障害者支援施設で働いてきた方々からの体験に根差した指摘には考えさせられることが多い。それらの指摘は植松被告にも伝えるつもりだし、いずれ機会を見て整理し紹介したいと思う。

 『創』は201610月号の総特集を皮切りにこの1年間ほどこの事件について多くの方の声をとりあげ、2017年9月号、10月号、そして今回の11月号と、植松被告の声や事件の被害者家族の声を掲載している。ぜひこの事件が提起した多くの問題について、一緒に考えてほしいと思う。  (『創』編集長・篠田博之)

 

カテゴリ

日野不倫殺人事件の24年目の現実

1993年12月、日野市のアパートが放火され、子ども2人が焼死した。逮捕された北村有紀恵さんは無期懲役の判決を受け、服役中だ。その彼女の置かれた現実を通して贖罪について考える。
200円(税込)

2018年7月号 映画界の徹底研究


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

◆アニメと洋画大作の攻勢に実写映画は苦戦
 アニメ隆盛続く日本映画界の現状

◆劇場アニメ『GODZILLA』公開中!
 東宝「ゴジラ戦略会議」のマルチ展開

◆テレビ、映画、配信など総合コンテンツ戦略推進 
 最大の映画製作会社テレビ局の映画事業

◆ドキュメンタリー映画の現実と可能性
 『獄友』冤罪被害者5人の奇妙な友情

◆東海テレビのドキュメンタリー映画
 『人生フルーツ』記録的ヒットの背景

◆「観察映画」と「ドキュメンタリー映画」の関係は
 『港町』『ザ・ビッグハウス』観察映画とは


◇なぜ問題になるまでに20年もかかったのか
 生かせなかった敗戦――強制不妊と「翼賛体制」の再来......渡辺 周

◇「津久井やまゆり園」事件被告との対話 第11弾!
 相模原障害者殺傷事件 植松聖被告と強制不妊問題......篠田博之

◇〈手記〉松本智津夫の娘として
 オウム死刑確定者移送の日――父のこと、わたしのこと......松本麗華

◇「黒服の男」「白い不審な車」はどこに消えた?
 偏見報道止める公約無視の新潟女児死亡事件報道......浅野健一