トップ> 月刊「創」ブログ > 相模原事件から1年、大反響の『創』16年10月号も入手可能です

月刊「創」ブログ

相模原事件から1年、大反響の『創』16年10月号も入手可能です

|

 日本中に衝撃を与えた昨年7月26日の津久井やまゆり園での障害者殺傷事件から1年が過ぎました。この1年間、『創』は継続的にこの問題に取り組んできました。発売中の9月号でも「相模原障害者殺傷事件後1年」という特集を掲載しています。また昨年9月発売の10月号も大きな反響を呼びましたが、まだ在庫があり購入可能です。創出版のHPから手続きしてください。

 

2016-10_H1.jpg またこの号の特集を始め、その後も継続的にこの問題を取り上げてきた記事15本をまとめて1つのファイルにしたデジタル版をスマホなどで500円で読めるようにしています。これもHPから購読下さい。

 8月7日発売の『創』9月号では、事件から1年を機に再び特集を組んでおり、植松聖被告の獄中からの手紙も全文掲載しています。彼がどういう考えからあの凄惨な事件を起こしたのか、『創』は今後も本人の手紙や手記を含めて事件を解明していく予定です。この7月26日も本誌は津久井やまゆり園の現場を取材し、その写真を9月号の表紙に使っています。障害者への差別、犯罪と精神医療、措置入院のあり方など、この事件は、戦後タブーとされてきた日本社会の問題を表に引きずり出しました。パンドラの箱を開けられた日本社会が果たして、この事態にきちんと対応できるのかどうか。議論し解決すべき問題は山積しています。

なおこの1年間の関連記事の一部は、ヤフーニュース雑誌にも公開し、無料で読めるようになっています。例えば2月号に掲載した障害者の海老原宏美さんの発言などたくさんの反響が寄せられたため、記事そのものを公開しました。ぜひご参照ください。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170803-00010000-tsukuru-soci

カテゴリ

日野不倫殺人事件の24年目の現実

1993年12月、日野市のアパートが放火され、子ども2人が焼死した。逮捕された北村有紀恵さんは無期懲役の判決を受け、服役中だ。その彼女の置かれた現実を通して贖罪について考える。
200円(税込)

2017年10月号 特集【「安倍一強」の崩壊】【相模原殺傷事件】


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

特集1【「安倍一強」の崩壊】

◆〈対談〉今だから話せる加計学園問題の舞台裏!
「文科省の乱」が暴いた権力とメディアの関係 ......前川喜平×寺脇研

◆謎が残る稲田辞任の裏側とは
稲田朋美前防衛相辞任と「日報隠し」の深層......半田滋

◆益川敏英・京都産業大学教授インタビュー
ノーベル賞・益川教授が語る「安倍政権は一線を超えた」......浅野健一


特集2【相模原殺傷事件】

◆獄中からの手紙と接見報告
「今『アンネの日記』を読んでます」植松被告は面会室でそう語った......篠田博之

◆「新日本秩序」と題されたその文書は...
植松聖被告がしたためた「獄中ノート」の中身

◇週刊誌の不倫報道を考える
不倫スキャンダル報道と「妻」の立ち位置......本誌編集部

◇映画『三度目の殺人』監督インタビュー
人が人を裁くことは可能なのか問うてみようと思った......是枝裕和

◇『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』
TBSが取り組んだドキュメンタリー映画......佐古忠彦