トップ> 月刊「創」ブログ > 首都圏連続不審死事件・木嶋佳苗死刑囚の「ある決意」のその後

月刊「創」ブログ

首都圏連続不審死事件・木嶋佳苗死刑囚の「ある決意」のその後

|

 4月14日に最高裁で上告が棄却され、5月9日に死刑が確定した木嶋佳苗死刑囚に4月21日に接見、それを前後して手紙や電報でのやりとりも行った。その経緯については6月7日に発売された月刊『創』7月号に詳しく書いたが、ここで簡単に触れておこう。(『創』編集長・篠田博之)

 

 創7月号木嶋記事.JPG 

 今回、木嶋死刑囚に手紙を書いたのは、『週刊新潮』4月20日号に掲載された「余命を諦めた『木嶋佳苗』の東京拘置所から愛をこめて」と題された手記を読んだのがきっかけだった。6ページにわたる長文で、興味深い内容だった。

手記発表の動機について、彼女は、母親に「ある決意」を示すことだったと書いていた。その決意とは、死刑確定後に早期執行を望むということだという。手記の最後の方にこう書かれていた。

《生みの母が私の生命を否定している以上、確定後に私は法相に対し、早期執行の要請をします。これこそ「ある決意」に他なりません。》

 記事は「遺言手記」とも書かれており、木嶋さんが刑の確定後、早期執行の要請をするという決意を示したものだった。これまで死刑確定後に早期執行を要請した死刑囚は何人かいるが、例えば池田小事件の宅間守死刑囚もそのひとりだ。そして実際に彼は、約1年という短期間に刑を執行された。

 もともと法律では、死刑確定者は半年以内に刑を執行すると書かれているのだが、現実には再審請求が出されたりするケースが多く、法律通りに刑が執行されることはない。しかし、本人がそれを望んでいる場合は、早期執行がなされるのだった。だから本当に木嶋さんが法務大臣に早期執行を要請すれば、早い時期に執行がなされる恐れがあった。

  ちなみに木嶋さんはそういう決意をするに至った母親との確執についてこう書いていた。

《4年前から私は、「拘置所日記」をブログで始め、その前年から後に小説としてまとめる自叙伝も書いていました。つまり、裁判員裁判の一審判決言い渡し直後から出版社との付き合いを始めたわけですが、母は、執筆をやめ出版社と縁を断たなければ一切の支援を打ち切る、弟妹や甥姪たちとの交流も禁じると宣告し、それは確かに実行されました。》

《実際にサポートをしなくなった母によって否定されたも同然だった私の生命が判決で再び否定されると思う時、「ある決意」が頭をよぎるようになりました。》

  手記はなかなか重たい内容だった。その手記について、私は東京新聞の連載コラムで紹介し、最後にこう書いた。

《今回、木嶋死刑囚が何年かつづってきたブログを全て読み返した。以前、本欄で彼女に言及した記事も読んでくれていることや、林眞須美死刑囚や死刑制度についての言及など、興味深い記述も多かった。できれば早期執行を望むのでなく、死刑制度についての考えなどを今後も表明してほしい。木嶋死刑囚にはそう伝えたい。》

 そしてその記事のコピーを同封した手紙を彼女に送ったのだった。

  私は宮崎勤死刑囚(既に執行)とも10年以上つきあったし、林眞須美死刑囚とも十数年のつきあいになる。これまで接した死刑囚には、自ら早期執行を求めていた者もいた。その一人は奈良女児殺害事件の小林薫死刑囚(既に執行)で、1審の奈良地裁での死刑判決の後、控訴すべきかどうか悩んでいた彼からは頻繁に手紙が届いた。

 彼は1審の裁判の時から一貫して、「生きていてもしかたない」と語り、死刑を望んでいたのだが、私は一貫してそれに反対していた。どう考えても死んでしまうことが、罪を償うことになるとは思えなかったからだ。しかし、結局、彼は1審判決後、弁護人が控訴したのを取り下げて自ら死刑を確定させてしまった。「これまでお世話になりました」という別れの手紙をもらって奈良へ駆けつけた時には、その早朝に移送されましたと係官に告げられ呆然としたことを覚えている。

ただもちろん、早期執行を望むといっても、それぞれ事情は異なる。木嶋佳苗さんは『週刊新潮』の手記で、こう書いていた。

「まったくもって自殺願望ではなく、生きてゆく自信がない、それだけです」

  接見では木嶋さんといろいろな話をしたのだが、係官に「もう時間ですから」と告げら、彼女が立ち上がりかけた時に、慌てて「再審請求はしないのですか」と尋ねた。「それはしません」という答えだった。そこで「早期執行を求めるという件は?」と畳みかけるように訊くと、「それはしないかもしれない」との答えだった。恐らく彼女を支援してきた人たちも、法相に早期執行を要請するという話については、一斉に反対したのだろうと思う。

  木嶋さんは「木嶋佳苗の拘置所日記」というブログを支援男性の手によって立ち上げている。その5月17日付の「判決確定その後」と題した記事でこう書いていた。

「週刊新潮」手記について、たくさんのご意見を頂戴しました。ありがとうございます。もうちょっと頑張って生きてみようと考えているところです。》

「もうちょっと頑張って生きてみようと考えている」というのが、いろいろな人の意見を得て考えた、彼女なりの「ある決意」に対する結論だった。

 その記述を読んでホッとした。ぜひ頑張って生きてほしいと思う。

 以上、『創』7月号の記事を簡単に紹介した。ぜひ現物を読んでほしいと思う。

http://www.tsukuru.co.jp/

 また、この木嶋死刑囚の記事のみスマホで読むことも可能だ。下記へアクセスしてほしい。

https://yondemill.jp/contents/23461?view=1

カテゴリ

木嶋佳苗死刑囚が示した「ある決意」の行方

2017年7月号から該当記事を抜粋し、電子版で販売しています。
200円(税込)

首都圏連続不審死事件の木嶋佳苗被告に最高裁で上告棄却が出され、死刑が確定する。『週刊新潮』の手記で彼女が示した「決意」をめぐって、彼女に接見して真意を聞いた。

日野不倫殺人事件の24年目の現実

1993年12月、日野市のアパートが放火され、子ども2人が焼死した。逮捕された北村有紀恵さんは無期懲役の判決を受け、服役中だ。その彼女の置かれた現実を通して贖罪について考える。
200円(税込)

2017年8月号 特集【安倍「一強」 vs メディアの攻防】

2017-07_H1.jpg

試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

特集【安倍「一強」vsメディア】

◆前川前事務次官の会見で批判された読売とNHKは...
安倍「一強」にメディアはどう抗するか ......編集部

◆幕引きを図る安倍政権とメディアの攻防は...
加計学園獣医学部設置申請を取り下げよ......浅野健一

◆菅官房長官の会見で食い下がった女性記者とは
官房長官追いつめた東京新聞・望月記者......横田 一

◆ついに大阪地検の強制捜査!今後の行方は
強制捜査!「安倍疑惑」めぐる緊迫展開......今西憲之


◇「罪を償う」とはどういうことか
日野不倫殺人事件の24年目の現実......篠田博之

◇香山リカ講演会にも飛び火
一橋大学・百田尚樹講演会中止事件の深刻な波紋......篠田博之

◇くまぇりカフェ〈番外編〉
刑務所で想う愛犬タロウ......平田恵里香

◇1審判決後、拘置所で面会した被告の様子は...
昏睡強盗「声優のアイコ」と解離性同一性障害......萱野葵

◇風間博子死刑囚が訴えているものとは
埼玉愛犬家殺人事件解明されなかった真実......深笛義也