トップ> 月刊「創」ブログ > 「朝まで生テレビ」30周年の集い会場でなされた発言とは

月刊「創」ブログ

「朝まで生テレビ」30周年の集い会場でなされた発言とは

|

 2017年4月13日、「朝まで生テレビ!」30周年記念の集いが開催された。「朝生」はもちろん田原総一朗さんが司会を務める番組だが、プロデューサーを務めた日下雄一さん(故人)や、吉成英夫チーフディレクターら多くのスタッフによって支えられてきた番組だ。日下さんや吉成さんは田原さんの意向を受けながらいろいろな人たちに出演交渉や企画の相談などを行っており、私も当時親しくしていた。何度か出演依頼を受けたこともあったが、月末の金曜というのは『創』の校了日といつもぶつかり、実際に出演したことはなかった(と思う)。『創』からは鈴木邦男さんや、香山リカさん、雨宮処凛さんなどがよく出演している。名物プロデューサーだった日下さんはがんに冒され2006年に他界。病院へ見舞に行ったことも覚えている。

 30年というのは長い歳月だ(『創』ももう30年以上続いているが)。きょうも会場に「朝生」第一回放送の動画が流されたが、いやあ田原さんの若いこと。

田原さん.JPG歴代キャスター.JPG 「朝生」がスタートしたのは1987年だが、最初の何年かは、原発、部落差別、右翼、皇室など、タブーだったテーマに次々と挑んでいった。右翼をテーマにした時は、実際の右翼がスタジオに入り、しかも生放送でリベラル派として対峙した小田実さん(故人)らと顔を合わせてガンガンやりあうという、空前絶後の番組だった。部落差別のテーマも、当時はまだそのテーマ自体がタブーだった時代で、スタジオの緊張感が画面から伝わってくるような展開だった。「朝生」はある意味で、当時のテレビ界に大きな風穴をあけた画期的な番組だった。

 日下プロデューサーが1989年に『創』に連載した手記を今読み返してみると、最初の2年間の全番組の視聴率とシェアが掲載されていた。深夜番組ゆえ、もちろん視聴率は1桁なのだが、シェアを見ると50%を超えたことが何度もある。まさにその時間帯を占有していたような勢いがあった。

 今回の30周年の集いでも田原さんら関係者によってエピソードもいろいろ語られた。番組を立ちあげる時は、予算がないので出演者には終電で来てもらって始発で帰ってもらうことにしたとか、きょうも田原さんが何度か語っていたが、最後は番組中に司会の田原さんが急に静かになったと思ったらいつの間にか死んでいたというのが理想だとか......。

ケーキ.JPG 集いの途中で、田原さんが4月15日に誕生日を迎えるとのことで、誕生ケーキが運ばれた。今年83歳だが、毎月一度徹夜の生討論を続けるのは並大抵のことではないだろう。

  集いの途中で、「朝生」のシンボルだった大島渚さんと野坂昭如さんの写真が映されたが、大島さんが番組の途中で「バカヤロー」と怒鳴るシーンは名物だった。かつてはこの2人の論客を始め、そうそうたる顔ぶれがいたのだが、30年たって今はレギュラー出演者も様変わりした。

 今回も挨拶していた辻元清美さんなどは早大の学生だった頃から出演していたのだが、その後挨拶に立った、最近の「朝生」の顔でもある三浦瑠璃さんなど30代だ。つまり「朝生」がスタートした当時、まだ生まれてまもなかった世代が、今、番組に出演している。田原さんも年をとって当然と言える。

 午後1時から始まって3時に終わった集いだが、最後に報道局長が挨拶に立ち、田原さんが生放送の途中に最期を迎えるといつもおっしゃっているが、番組の途中にそういうことになるというわけにはいかないと話した。まだまだ田原さんに長生きしてほしいという趣旨でそう言ったのかもしれないが、それを受けて田原さん本人が、いやあ今のプロデューサーなどからは、死ぬのなら番組の放送が終わってからにしてほしいと言われてますから、と言って会場が笑いに包まれた。

 この間、井上ひさしさん、野坂昭如さん、永六輔さんら戦後の論客が次々と他界していく。

井上さんとは日本ペンクラブでよくお会いしたし、永さんは『創』に矢崎泰久さんと対談を連載していたために毎月お会いしていた。彼らに共通していたのは例えば戦争体験で、戦争にだけは反対するといつも口にしていた。そういう世代の論客が次々と亡くなっていく状況と、日本社会がおかしな方向へ向かい始めていることとは関係があるのは明らかだ。田原さんもそういう世代の一人でもあり、今この日本が岐路に立たされている状況の中でぜひ活躍を続けてほしいと思う。

カテゴリ

新刊のご紹介

同調圧力メディア 森達也著

同調圧力メディア
メディアが三流なら社会と政治も三流なのだ
森達也著
ISBN 978-4-904795-46-0
2017年4月19日発行
定価 1500円+税
四六判
288頁

あの映画「FAKE」を世に問うた監督の極私的メディア論!「忖度(そんたく)」が横行する日本社会の元凶は、同調圧力を強いるマスメディアが元凶なのではないか!『創』連載をまとめた森達也さんのメディア論の真髄!

〔内容紹介〕
《「みんなが右に向かって歩いているのに、どうしてあなたは左に行こうとするのだ」――同調圧力。法や明文化されたルールではない。自主規制だ。全体で動くことを強要される。あるいは自ら強要されることを求めてしまう。特に日本人はこの傾向が強い。だから放送禁止歌のような意味不明なシステムが実体化して、原発安全神話のような虚構が何十年も存続する。「ちょっと待って」とか「やっぱりこれは変だ」などの声を、もう少し多くの人が発していたならば、こんな状況にはなっていなかったはずだ。》(本書より)