トップ> 月刊「創」ブログ > 連続放火事件「くまえり」服役後初の獄中手記を公開!

月刊「創」ブログ

連続放火事件「くまえり」服役後初の獄中手記を公開!

2006年、長野県で連続放火事件の容疑者として逮捕された女性は、相次ぐ放火事件を自分のブログで「こわいよー」などと写真入りで伝えていた。タレントの熊田曜子似と自称し、自ら「くまえり」と名乗っていた彼女は、懲役10年の実刑判決により服役した。

彼女はその後どうしたのか。今回、2014年8月7日発売の月刊『創』では服役後初めての本人による近況報告手記を掲載した。既に事件から8年経っているが、いったいあの事件は何だったのか。

逮捕後の供述で語った放火の動機が「諏訪を有名にしたかった」など、当時はとんでもない女性として報じられた「くまえり」だが、実際に本人に接触した私は、彼女が小学校からいじめにあって中学までずっと不登校だったことや、パニック障害という障害を抱えていること、留置場で自殺を図ったことなど、伝えられているほど単純でない事件の背景に次々と直面した。そして2007年、『創』で本人の手記を次々と公開。新聞・テレビで報じられて大きな反響を呼んだ。

http://www.asahi.com/komimi/TKY200704100137.html

http://news.livedoor.com/article/detail/3113353/

http://blog.livedoor.jp/umunenori/archives/53717757.html

 

その後、「くまえり」の消息は、一部雑誌やネットで伝えられていたが、本人が出所後は女優になりたいと言っている、といったガセネタが多く、しかもそれが独り歩きしている感もあったため、今回、『創』で再び本人の手記を公開したものだ。当然のことだが、事件から8年経って、本人にもいろいろな変化があった。彼女なりに努力を重ね、パニック障害もほとんど克服したし、本人も大きな成長を遂げた。そして無責任な誤情報が流れていることに本人は傷ついている。

「くまえり」がこの8年間をどう過ごしてきたかについては、便箋18枚に書かれた長文の手記をご覧いただきたい。大型書店には『創』が置いてあるはずだが、地方だと『創』が入手しがたい場合もあるので、今回は創出版のホームページで今回の手記と2007年に掲載した手記とを合わせて公開もしている。ぜひご覧になってほしい。

http://www.tsukuru.co.jp/

kumaeri_blog.jpg

山口組分裂騒動

月刊「創」2016年4月号、8月号、2017年7月号にそれぞれ掲載された、山口組分裂騒動を追った記事を一つにまとめました。
300円(税込)

2017年7月号 特集【映画界の徹底研究】

2017-07_H1.jpg

試し読み

今月号のご購入

紙版

電子版

特集【映画界の徹底研究】

◆昨年は邦画の興収が大幅増だった映画界だが...
日本映画はどう変わりつつあるのか

◆今年に入っても劇場アニメが大ヒット
アニメが牽引する映画界めぐる変容

日テレ、TBS、フジ、テレ朝の映画事業は...
"最大の製作会社"テレビ局の映画事業

東海テレビ製作のドキュメンタリー映画
映画『ヤクザと憲法』舞台裏の大議論......阿武野勝彦/?方宏史

小林多喜二の母を描いた映画が話題に
映画『母』にみる表現活動の原点......山田火砂子/上野有


◇『同調圧力メディア』出版記念トーク
日本社会を覆う「忖度」という言葉......森達也×武田砂鉄

◇首都圏連続不審死事件の木嶋死刑囚に接見
木嶋佳苗死刑囚が示した「ある決意」とその行方......篠田博之

◇参考人段階での犯人視報道の問題点
聴取女性を自殺に追い込んだ今治高齢者殺傷事件報道......浅野健一

◇任侠団体山口組代表に独占インタビュー敢行
神戸山口組再分裂の真相と今後の行方......溝口敦

◇「文春砲」を2週にわたって批判
『週刊文春』を『週刊新潮』が大告発した波紋......編集部




トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 連続放火事件「くまえり」服役後初の獄中手記を公開!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tsukuru.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2841

コメントする