トップ> 月刊「創」ブログ > 連続放火事件「くまえり」服役後初の獄中手記を公開!

月刊「創」ブログ

連続放火事件「くまえり」服役後初の獄中手記を公開!

2006年、長野県で連続放火事件の容疑者として逮捕された女性は、相次ぐ放火事件を自分のブログで「こわいよー」などと写真入りで伝えていた。タレントの熊田曜子似と自称し、自ら「くまえり」と名乗っていた彼女は、懲役10年の実刑判決により服役した。

彼女はその後どうしたのか。今回、2014年8月7日発売の月刊『創』では服役後初めての本人による近況報告手記を掲載した。既に事件から8年経っているが、いったいあの事件は何だったのか。

逮捕後の供述で語った放火の動機が「諏訪を有名にしたかった」など、当時はとんでもない女性として報じられた「くまえり」だが、実際に本人に接触した私は、彼女が小学校からいじめにあって中学までずっと不登校だったことや、パニック障害という障害を抱えていること、留置場で自殺を図ったことなど、伝えられているほど単純でない事件の背景に次々と直面した。そして2007年、『創』で本人の手記を次々と公開。新聞・テレビで報じられて大きな反響を呼んだ。

http://www.asahi.com/komimi/TKY200704100137.html

http://news.livedoor.com/article/detail/3113353/

http://blog.livedoor.jp/umunenori/archives/53717757.html

 

その後、「くまえり」の消息は、一部雑誌やネットで伝えられていたが、本人が出所後は女優になりたいと言っている、といったガセネタが多く、しかもそれが独り歩きしている感もあったため、今回、『創』で再び本人の手記を公開したものだ。当然のことだが、事件から8年経って、本人にもいろいろな変化があった。彼女なりに努力を重ね、パニック障害もほとんど克服したし、本人も大きな成長を遂げた。そして無責任な誤情報が流れていることに本人は傷ついている。

「くまえり」がこの8年間をどう過ごしてきたかについては、便箋18枚に書かれた長文の手記をご覧いただきたい。大型書店には『創』が置いてあるはずだが、地方だと『創』が入手しがたい場合もあるので、今回は創出版のホームページで今回の手記と2007年に掲載した手記とを合わせて公開もしている。ぜひご覧になってほしい。

http://www.tsukuru.co.jp/

kumaeri_blog.jpg

日野不倫殺人事件の24年目の現実

1993年12月、日野市のアパートが放火され、子ども2人が焼死した。逮捕された北村有紀恵さんは無期懲役の判決を受け、服役中だ。その彼女の置かれた現実を通して贖罪について考える。
200円(税込)

2018年7月号 映画界の徹底研究


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

◆アニメと洋画大作の攻勢に実写映画は苦戦
 アニメ隆盛続く日本映画界の現状

◆劇場アニメ『GODZILLA』公開中!
 東宝「ゴジラ戦略会議」のマルチ展開

◆テレビ、映画、配信など総合コンテンツ戦略推進 
 最大の映画製作会社テレビ局の映画事業

◆ドキュメンタリー映画の現実と可能性
 『獄友』冤罪被害者5人の奇妙な友情

◆東海テレビのドキュメンタリー映画
 『人生フルーツ』記録的ヒットの背景

◆「観察映画」と「ドキュメンタリー映画」の関係は
 『港町』『ザ・ビッグハウス』観察映画とは


◇なぜ問題になるまでに20年もかかったのか
 生かせなかった敗戦――強制不妊と「翼賛体制」の再来......渡辺 周

◇「津久井やまゆり園」事件被告との対話 第11弾!
 相模原障害者殺傷事件 植松聖被告と強制不妊問題......篠田博之

◇〈手記〉松本智津夫の娘として
 オウム死刑確定者移送の日――父のこと、わたしのこと......松本麗華

◇「黒服の男」「白い不審な車」はどこに消えた?
 偏見報道止める公約無視の新潟女児死亡事件報道......浅野健一




トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 連続放火事件「くまえり」服役後初の獄中手記を公開!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tsukuru.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2841

コメントする