トップ> 月刊「創」ブログ > 和歌山カレー事件・林眞須美死刑囚からの手紙

月刊「創」ブログ

和歌山カレー事件・林眞須美死刑囚からの手紙

2014年7月16日、和歌山カレー事件・林眞須美死刑囚からの手紙が届いた。といっても確定死刑囚は弁護士と家族以外、基本的に接見禁止だから家族経由だ。林眞須美死刑囚の獄中手記などをまとめた『和歌山カレー事件 獄中からの手紙』(創出版刊・定価1000円+税)が15日に発売されたのだが、その本を手にした感想を書き送ってきたのだった。

 

7月19日(土)14時からは「エルおおさか708号室」で毎年恒例の和歌山カレー事件を考える集会が開催される。事件が起きたのは1998年7月、今から16年前だ。眞須美さんの死刑は確定したが、この事件はいまだに真相が解明されていないばかりか、昨年来、ヒ素鑑定をめぐって大きな疑問が噴出した。弁護団は再審請求のなかでそうした数々の疑問を提示している。

 

今回の本はその7月19日の集会で私が「『創』編集長が語る和歌山カレー事件」という報告を行うのを機に出版したものだ。98年10月4日の逮捕の朝、警察が林家に踏み込む直前に、長女が母親に「ほんまはどっちなん?」と真相を尋ねるシーンなど、当事者の証言が収められている。この本は、眞須美さんの強い希望で真っ赤なカバーと表紙にした。「真紅」というのは、眞須美さんが死刑判決などに対して抗議の意志を示す色で、高裁・最高裁などの判決の日にも、彼女は真紅の衣服を身に着けた。

 

眞須美さんの手紙の中で「パパ」とあるのは夫の健治さんでなく、実は彼女はこの春、支援の男性と養子縁組したのだ。確定死刑囚が外部と細い糸を確保するために養子縁組するのは、比較的よくあるケースだ。19日の集会では、この養子縁組した男性に眞須美さんの近況について話していただくし、弁護団報告はもちろん、支援する会代表の鈴木邦男さんら大勢の関係者が駆けつける。健治さんもぜひ参加してほしいと声をかけているが、この暑さで体調がすぐれないため当日どうなるかわからない。死刑について、カレー事件について関心のある人は、ぜひ19日の集会に参加してほしい。詳細は下記の「林眞須美さんを支援する会」のホームページをご覧いただきたい。

http://masumi-shien.com/

日野不倫殺人事件の24年目の現実

1993年12月、日野市のアパートが放火され、子ども2人が焼死した。逮捕された北村有紀恵さんは無期懲役の判決を受け、服役中だ。その彼女の置かれた現実を通して贖罪について考える。
200円(税込)

2018年7月号 映画界の徹底研究


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

◆アニメと洋画大作の攻勢に実写映画は苦戦
 アニメ隆盛続く日本映画界の現状

◆劇場アニメ『GODZILLA』公開中!
 東宝「ゴジラ戦略会議」のマルチ展開

◆テレビ、映画、配信など総合コンテンツ戦略推進 
 最大の映画製作会社テレビ局の映画事業

◆ドキュメンタリー映画の現実と可能性
 『獄友』冤罪被害者5人の奇妙な友情

◆東海テレビのドキュメンタリー映画
 『人生フルーツ』記録的ヒットの背景

◆「観察映画」と「ドキュメンタリー映画」の関係は
 『港町』『ザ・ビッグハウス』観察映画とは


◇なぜ問題になるまでに20年もかかったのか
 生かせなかった敗戦――強制不妊と「翼賛体制」の再来......渡辺 周

◇「津久井やまゆり園」事件被告との対話 第11弾!
 相模原障害者殺傷事件 植松聖被告と強制不妊問題......篠田博之

◇〈手記〉松本智津夫の娘として
 オウム死刑確定者移送の日――父のこと、わたしのこと......松本麗華

◇「黒服の男」「白い不審な車」はどこに消えた?
 偏見報道止める公約無視の新潟女児死亡事件報道......浅野健一




トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 和歌山カレー事件・林眞須美死刑囚からの手紙

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tsukuru.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2837

コメントする