マス読勉強会レポート

 全国各地で「マス読」勉強会が活発に行われている。
 これから勉強会を開きたいと思っている人や、どういう形式で行われて
 いるのか知りたい人もいると思うので、参考までに京都勉強会での実施
 内容を紹介する。
 これから勉強会をやりたい人は、ML上で呼びかけてください。
 当方で新たなMLを立ち上げます。新たにMLに参加したい人は、
 WEB「マス読」の登録ページを参考にメールしてください。
  
  ●「マス読」MLへ参加したい人は……
 
 [→] http://www.tsukuru.co.jp/masudoku/ML.html

       
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   京都勉強会では、関西一円のマスコミ志望の学生(一部社会人も)
   
が集まり、週に一回ペースで勉強会を開いております。

   今は【放送】【新聞出版】【広告】に分かれ、それぞれ活動しています。

★【放送】勉強会の内容………………………………………

 (1)ES添削
 (2)模擬面接(志望動機の探りあい等) 
 (3)テレビ局の研究(年末年始番組、ニュース番組)
 (4)クリエイティブテスト(無人島に何かひとつもっていくとすれば?等)
 (5)作文(前回から?)

  ●先日行われた2月5日(木)の放送勉強会

  ・場所 淀川区民センター(新聞出版と同じ部屋)
  ・参加者 6名
  ・来ていただいた内定者の方=NHK内定者 出版社内定者

  ・18:30〜 内定者の方を囲んで、選考についてのお話を聞いたり、
        ESの添削をしていただきました。また、お互いにES  
        や作文を見せ、批評し合いました。
  ・20:00〜 新聞出版勉強会と合流。

★【新聞】勉強会の内容…………………………………………

 「書く力をつける」を目指しています。
  毎回、課題を出しております。作文、論文、三題噺の三つのから、
  参加者それぞれ取り組みたいものを課題としてやってくる、という形です。
 
  ●内容:毎回一本は全員その場で作文(場合によっては論文、三題噺も)
      を書く。内定者(前回は文藝春秋内定の方)の方に毎回きても
      らうようにしており、その方を囲んで作文批評。

   最近は【放送】勉強会と共同で大きな会議室ひとつかりてやっている
   ので、作文添削が終わったあとは、【放送】勉強会の皆さんと混じっ
   て模擬面接、ES批評を行ったりしています。

★【広告】勉強会の内容…………………………………………

  今から始動です。主に自己PR、自己分析の追求などを行う予定です。

  ●次回のコンテンツ
  (1)課題を基にした模擬面接
     予め課題を当日までに片桐又はMLへと送ってきたものを基に行う。
     形式は面接官役2人に対して1人。

  (2)基礎能力向上計画講座
    ●1分間プレゼン
     各人に、封筒を手渡す。その封筒の中にあるお題が書かれた紙を
     同封。開封者は、そのお題について1分間のプレゼンを行い、それ
     を聞いた人は、報告者に対して評価を行う。

    ●自己分析からのフィードバック
      ES落ちが多い、自己分析が深まっていないから自己PR文が思
     うように書けないといった悩みが多いと考えての実施。

     形式としては、「1.今までやってきたこと、2.1を通して出来る
     ようになったこと、3.2を生かしてやりたいこと」

     これら3つを所定のA4用紙に書き出していく単純な作業。 そして、
     その書き出したものをフィードバックさせて、改めて600字程度に
     ちぢめさせる作業を行う。

  (3)内定者懇談会
     I&Sと交通広告社内定者をお呼びする予定。参加者は必ず内定者へ
     の質問を考えてくる。

     ●課題
      1.自己PR文(400字)
      2.広告業界を志望する理由(600字)
      3.広告業界でやりたいこと(600字)
      4.あなたが今、魅力を感じている「ヒト」「モノ」「コト」
        とその魅力 (200字)
      5.最近のCMで一番印象に残ったものとその理由 (200字)
      
     以上です。

★ほかには、有志で集まって「集英社会」(集英社のES添削をメインとした集
 まり)を開催したりしています。