月刊『創』マス読&就職情報創出版の単行本創出版の案内

月刊「創」
●バックナンバーの目次
1993年1月号〜12月号



HOME

|月刊「創」目次|
78年79年80年81年82年83年84年85年86年87年88年89年90年91年92年93年94年95年96年97年98年99年 |2000年 |2001年|2002年|2003年|2004年|2005年|2006年|2007年

単行本会社案内


1993年
1月号2月号3月号4月号5月号6月号7月号8月号9月号10月号

11月号12月号

1993年1月号
<特集>雑誌界の勢力変動
『月刊アサヒ』改造と朝日出版局の暗中模索
『文春』『SPA!』に見る週刊誌勢力変動
有力女性誌が抱える広告収入激減の不安
レディース・コミックの新しい勢力分布
「そして2誌が肥った」経済誌バブルの教訓

● 来年1月まで延長決定の舞台裏─皇太子妃報道協定3度延長で宮内庁への苛立
● 放送史上初の“ネットチェンジ”─山形テレビ、フジ“絶縁”の真相/下
● 報道機関と市民の関係は果たして変わったのか─佐川事件で新聞に寄せられた読者の声
●“離婚報道”当事者がマスコミに反撃─腹にすえかねる芸能マスコミの@造報道
● 懲戒解雇された“休暇記者”反撃手記─私を解雇した時事通信社を告発する
● ハレンチ国・日本が売買する“性”

  国を挙げての人身売買・軍隊慰安婦考
  ニッポンに売られたアジアの女性たち/1
● ドキュメント・マスコミ採用戦線/1─大半が「それで?」で終わったフジ一芸一能
● 被害者の遺族が語る「死刑廃止」─復讐では悲しみをいやせない。
● 角川書店“騒動”で離脱した関連会社社員が新雑誌創刊
● 女性差別と抗議を受けた「五大陸」広告謝罪事件の顛末
● NHKからテレ朝へ「福岡国際マラソン」放映権移行の波紋
●“有害”コミック騒動、静岡県で青少年条例改定の動き

1993年
1月号2月号3月号4月号5月号6月号7月号8月号9月号10月号

11月号12月号

1993年2月号
<特集>テレビ界の現実
テレビ不況の中の民放各局視聴率戦争
BS時代見据えたテレ朝系列強化の「勝算」
線香花火と化すか、衛星放送の誤算/上
ブームの陰で相撲協会vsマスコミの攻防
「渡辺・氏家時代」に入った読売・日テレの危機

● ヘア問題に終始したマスコミと税関・警視庁─マドンナ『SEX』ヘア騒動の“貧困”
● 自民党混迷の中で派閥記者たちの現実は…─永田町に取り込まれた政治記者たちの生態
● 規制騒動で槍玉に上がったマンガ作家の述懐─「いけない!ルナ先生」絶版騒動顛末記
● 新たな局面迎えた「有害」図書規制問題─ビデオ、パソコンにまで広がる性表現規制
● カムアウトの時代─(ゲイ・ブーム)と現実・深くて暗い溝
● 政治家・右翼・暴力団の暗い接点─皇民党事件で浮上した黒い地下人脈
● 問われ続ける日本の戦後責任─国を挙げての人身売買・続軍隊慰安婦考
● ハレンチ国・日本が売買する性─ニッポンに売られたアジアの女性たち/2
● ドキュメント・マスコミ採用戦線/2─混迷深まる93年度マスコミ採用戦線
● 『週刊新潮』新聞広告2文字削除事件めぐる応酬
● CS冬の時代で三菱系「宇宙経済」が事実上倒産!?
● 産経新聞社会部に蔓延する「朝日に行きたい」病
● 後藤田新法相「ビミョウ」発言に市民団体が反発

1993年
1月号2月号3月号4月号5月号6月号7月号8月号9月号10月号

11月号12月号

1993年3月号
<特集>新聞社の徹底研究
<座談会>不況直撃!新聞ジャーナリズムよどこへ行く
ビジョンなき朝日新聞の「リストラ宣言」
タブー破った読売「憲法調査会」提言の波紋
M21計画で毎日新聞活性化は果たして可能か
行き残りをかけた日経新聞「PLES」始動
苦境「産経新聞」全社挙げてのサバイバル
ニュースソースを隠す日本のマスコミ
手記・私が見た「日刊福井」解散の顛末

● 皇太子妃報道協定をいま徹底総括する ─「皇太子妃報道」が実証した高級紙の不存在
● 新たなゲーム雑誌戦争の行方はどうなる─角川内紛、集英社参入でゲーム雑誌界に転機
● ドン亡き後の“乱戦山形知事選”を読む─史上初の保守乱立知事選、山新・山交グループの彷徨
● バブルとともに「星」も消える? ─線香花火と化すか、衛星放送の誤算/下
● ハレンチ国・日本が売買する性─ニッポンに売られたアジアの女性たち3
● ドキュメント・マスコミ採用戦線/3─今年のマスコミ主催セミナーの最新情報
● パソコンソフト「有害」指定に異議申立て事件のその後
● 本多勝一氏ら新週刊誌『金曜日』創刊へ向けて本格始動
● 日弁連「日本の監獄」に法務省が八ツ当た
● Jリーグの放映権めぐるNHKvs民放の対立

1993年
1月号2月号3月号4月号5月号6月号7月号8月号9月号10月号

11月号12月号

1993年4月号
<特集>テレビ局の徹底研究
<座談会>未曾有の不況に揺れるテレビ界の行方
ヤラセ騒動を機にNHK川口体制の危機
氏家新体制で日本テレビはどこに向うか
背水の組織変革も空振り、光が見えぬTBS
フジテレビ「改編せず」が4月改編の方針
テレビ朝日「Aカード」「Sカード」の呪縛
小田久栄門氏に情報番組改編の舞台裏を聞く
“番外地”の意地、テレビ東京の逆襲
Jリーグで沸くサッカー放映権各局争奪戦

● いま広告界に何が起きているのか─トップ交替等揺れる広告会社の「現実」

● <再建に乗り出した取締役の特別手記>「リム出版」13億円倒産騒動の顛末
● 国を挙げての人身売買・従軍慰安婦考/3─政治決着で責任逃れを謀る日本政府
● 総務庁勧告が証明した監獄の劣悪状態─日本の監獄は国際基準に達していない!
● ドキュメント・マスコミ採用戦線/4─マスコミ主催セミナー募集情報一覧
● 獄中21年、永田洋子に見る拘置所の“イジメ”
● 『週刊新潮』『SEX』警視庁のヘア問題への対応
●“外圧”に揺れる記者クラブ制度めぐる論議の行方

1993年
1月号2月号3月号4月号5月号6月号7月号8月号9月号10月号

11月号12月号

1993年5月号
<特集>出版社の徹底研究
<座談会>不況のいま、出版の原点を見つめる時
講談社、コミックとジャーナリズムの明暗
小学館、パル、ビッグ路線はなぜ堅調か
集英社2誌創刊は「攻め」か「守り」か?
転換期を象徴するマガジンハウスの試練
『週刊新潮』紙面改造と新潮社の行方
『週刊文春』好調の波に乗れるか、文藝春秋
“大騒乱”経て角川書店新体制の前途
扶桑社“タレント本出版社”からの脱皮

● 暗雲ただよう東京U局─早くも「第2のJSB」と噂される東京U局
● 放送界初の全面ネットチェンジのその後─系列変更・山形民放テレビ新3局地図/上
● 壮絶な遺書を残して自ら命を絶った君へ─自殺した小学館元社員N君へのレクイエム
● 医療機関を襲う倒産・再建の嵐の中で…─Nスペ「病院再建」に寄せられた疑問の声
● 女性を取り巻く環境は真に変わりつつあるのか─マスコミで働く女性たちの現実と未来
● ドキュメント・マスコミ採用戦線/5─本格始動したマスコミ採用戦線の最新情報
● 老舗広告専門誌『宣伝会議』経営危機で出版権譲渡
● 負債13億円「リム出版」倒産・再建騒動のその後
● 韓国政府「従軍慰安婦賠償求めず」の真意
● 八尾さん「旅券訴訟」一審勝訴判決の画期的内容とその影響

1993年
1月号2月号3月号4月号5月号6月号7月号8月号9月号10月号

11月号12月号

1993年6月号
<特集>広告会社の徹底研究
[総論]不況の中で始まった本格的リストラへの胎動
ガリバー電通、苦境脱出への「戦線布告」
「日産」「Jリーグ」にみる博報堂の攻勢
東急エージェンシー、新井体制の始動
大広の「30年戦争」となった首都攻略戦
<広告クリエーター匿名座談会>商売にならない商売、広告クリエーターの世界

● 案の定、朝のワイドショーは苦戦─テレビ朝日情報番組大改編の中間報告
● <特別企画>レコード業界の検証
  「生活価値産業」レコード界の正念場
  <座談会>音楽が好きな人と音楽の仕事が好きな人
● 放送界初の全面ネットチェンジのその後─系列変更・山形民放テレビ新3局地図/下
● 問答無用の死刑執行再開を検証する
  1993年3月26日の計画的大量殺人
  後藤田法相を「殺人罪」で告発する
  死刑を追い続けた1年を振り返ると…
● 同性愛者は緩慢に傷つき続けている─マスメディアが再生産する「同性愛差別」
● ドキュメント・マスコミ採用戦線/6─既に内定も出始めた93マスコミ採用戦線● 毎日新聞運動部長JOC理事就任の波紋
● 選挙予測報道めぐる自民党vs報道機関の攻防
● NHK「島派一掃人事」の真の狙い
● HIV感染者解雇に潜む危険な差別信号
● 山崎浩子統一教会脱会騒動めぐるメディア戦争

1993年
1月号2月号3月号4月号5月号6月号7月号8月号9月号10月号

11月号12月号

1993年7月号
<特集>メディア界の“構造改革”症候群
「夕刊離れ」に悩む新聞各社の紙面改革
「全国紙って何?」が問われる中部戦争
NHK川口体制“静かな改革”の期待と不安
民放の進めるリストラの「まだら模様」
借金で一息ついたJSBの暗〜い未来
有力誌に再編強いる読者ニーズの大変化
マガジンハウス『鳩よ!』休刊騒動の顛末

● サッカーフィーバーの舞台裏─開幕迎えたJリーグめぐるメディア戦争
● 隠蔽された事件が5ヵ月経て公けに─川崎駅前警官暴行事件「告発」の波紋
● PKOに揺れる防衛庁=自衛隊のPR作戦
● 進展見せぬ「和D53号」事件─追跡!ニセ札事件/上─紙幣の歴史はニセ札の歴史
● メディア欄での一方的な報道に反論!─朝日新聞掲載「揺れる匿名報道」の犯罪
● 「法の番人」裁判所の無責任な感覚─付審判事件に見る裁判官の非市民的感覚

●ドキュメント・マスコミ採用戦線/7─本番たけなわマスコミ採用戦線の現況
● 今秋創刊へ向けて本格始動した週刊『金曜日』
● 結局振り出しに戻った朝日新聞社の新雑誌開発
● プレジデント社で起きた“内紛”クーデターの背景
● 不況で明暗分かれた出版社と雑誌の“浮沈度”

1993年
1月号2月号3月号4月号5月号6月号7月号8月号9月号10月号

11月号12月号

1993年8月号
<特集>検証!テレビ界の現実
混迷の時代迎えた? 民放視聴率競争
日本テレビ快進撃の秘密と社内事情
TBS復活か!? 不況時代のドラマ戦争
テレ朝、NHKそれぞれの情報番組事情
スポーツ中継の目玉商品Jリーグの未来
ビジョンなき不況のキー局深夜番組
もう「あとがない」制作プロ再生への道

● これでいいのか皇室報道
  報道と祝賀が混沌とした皇太子結婚狂奏曲
  自賛・批判・商魂が交錯─新聞・雑誌の「成婚報道」
● 30数万部が全面回収・廃棄処分に─『週刊実話』6・10回収事件の真相
● 負債総額2億円!─大手編プロ倒産が語る“バブルのつけ”
● 「和D53号事件」の背景を探る─追跡!ニセ札事件/中─戦後事件の4つのパターン
● 短期集中連載─電通最後の挑戦/1・アメリカ直輸入の人材育成法
● ドキュメント・マスコミ採用戦線/8・毎日が本試験中止!?採用戦線終盤戦の現状
● 家田荘子著『イエローキャブ』めぐる論争の行方
● テレビ朝日社長交替劇で囁かれる社内事情
● 大手書店で販売中の輸入写真集を税関がストップ
● ついに発砲事件にまで至ったドン=笹川の跡目争い

1993年
1月号2月号3月号4月号5月号6月号7月号8月号9月号10月号

11月号12月号

1993年9月号
<特集>
コミックの巨大市場
※この号は品切れです。

[総論]コミック市場に翳りは見えたのか

アニメキャラクターは「金のなる木」か?
『Vジャンプ』とジャンプ路線の行方
「クレヨンしんちゃん」1500万部の謎
コミックにおける「素人」と「技術」について
マンガと著作権めぐる複雑な問題
規制騒動以後“美少女系”マンガの衰退

● 『SPA!』人気マンガに規制の嵐─「ゴーマニズム宣言」皇室問題差替事件の顛末
● 政界再編劇をメディアはどう報じたか─速報競争ばかり目についた「総選挙報道」の欠落
● 読者不在の泥仕合との声も─風俗業界紙「ナイタイ」三つ巴の分裂騒動
● 小田久栄門取締役更迭事件の真相─「テレ朝の天皇」をトバしたのは誰か
● ネットチェンジ後の山形はどうなった? ─YTS(山形テレビ)騒動2年目の“決算”
● 「和D53号事件」の背景を探る─追跡!ニセ札事件/下─ハイテク時代の落とし穴
● 短期集中連載─電通最後の挑戦/2・海外戦略の一環としても
● 飛鳥新社が仕掛けた新夕刊紙発刊めぐる「業界の関心事」
● 『現代』皇室記事を「不敬」だとして右翼が抗議行動
● 角川書店教科書にてんかん協会が「不当表現」と抗議
● 選挙で相次いだ“エイズ暴言”とキャンペーン

1993年
1月号2月号3月号4月号5月号6月号7月号8月号9月号10月号

11月号12月号

1993年10月号
<特集>「論争」のススメ
「家田バッシング」に応える!
「イエローキャブを考える会」よりの公開質問状と回答全文
もつれた糸─「フィリッピーナを愛した男たち」めぐる論争
「てんかん」記述論争で文部省は逃げ腰
<対談>「皇室タブー」と表現の不自由

● 本誌先月号の編集者手記に反論! ─マンガにとって原作とは…
● 先月号コミック特集に激論者から提言!─マンガを「コミック」という愚劣
● レディスコミック界の“新旗手”にインタビュー─「過激でリアル」矢萩貴子の世界
● 38年ぶりの大騒動に─連立政権誕生で政治部の体質は変わったか
● 労組、市民団体が一斉に中止申し入れ─防衛庁「自衛官募集CM」めぐる攻防
● 月刊「THE tenmei」も実情は大変? ─ヘアヌードブームの仕掛人・竹書房の内情
● 出版界も末期症状…という声も─「謎本」ブームに見る「2匹目」商法
● 短期集中連載─電通最後の挑戦/3・社員の心理状態を分析
● 女性11団体から抗議を受けた『ビッグトゥモロウ』の対応
● ブームをあてこんで次々出版された“恐竜本”の売れ行き
● 政権交替が神風? 視聴率が上向いた「スーパーモーニング」
● 意趣返し? の評もある『女性自身』の宜保愛子叩き

1993年
1月号2月号3月号4月号5月号6月号7月号8月号9月号10月号

11月号12月号

1993年11月号
<特集>メディアをめぐる“対立”
大揺れ角川書店、決着直前の二転三転
角川書店の火を消すのは忍びない
内紛劇に揺れたプレジデント社の「その後」
ドラマチックなら何をしたっていいの?
テレビマンの傲慢と闘った6年間
読売vsTBS裁判が問う「客観報道」の厚み
法務省vs『週刊新潮』学会問題応酬の行方

● M君裁判を考える会が訴える─幼女連続殺人事件の犯人は宮崎君ではない
● 背後に一体何があったのか─和議申請に至った内外タイムスの迷走
● インタビューした事実さえ「なかったこと」に…─“抹殺”されたTBS天皇インタビュー
● 「災害報道」に欠落しているものは何か─火山列島日本のお寒い災害報道
● 刑務所に閉じこめられたタイ人女性の無念─誰がタイ人女性達に人を殺させたのか?
● 抗議を行ったアジア系アメリカ人にインタビュー─「ライジング・サン」のどこが問題とされたのか
● 本誌10月号家田インタビューを受けて─家田荘子「イエローキャブ」への再批判
● 短期集中連載・最終回─電通最後の挑戦/4・果たして21世紀を予測できるか?

● ついに休刊!? 『新雑誌21』の寂しき破産宣告
● 処分でも収まらぬ共同通信のセクハラ騒動
● 12月13日創刊「日刊アスカ」めぐる噂の真偽
● 乱世が幸いし低迷男性週刊誌に復活の兆し?

1993年
1月号2月号3月号4月号5月号6月号7月号8月号9月号10月号

11月号12月号

1993年12月号
<特集>差別表現とマスコミタブー
筒井康隆「断筆宣言」めぐる全経緯─関連文書一挙掲載
『差別表現について』私はこう考える
  理屈の通らないことを強制される不快─安部譲二
  誤解される笑い─いとうせいこう
  表現者に奢りはないか─佐木隆
  「無差別表現」をめざして─萩野アンナ
  差別表現と自己規制─佐野洋
  筒井事件にみる言論の弾圧─曽野綾子
  誇りをもつよりも─田中小実昌
  「差別」という差別─佐川一政
  必要ならば書く─寺嶋アキ子
  教科書問題の1つ─井口泰子
  筒井氏断筆問題についての私見─ばばこういち
  正面からの対決を─本多勝一
  積み重ねたデリカシーをブッ飛ばすな─亀井淳
  社会意識としての差別表現─新井直之
  問題はマスコミの「ことなかれ」主義─原壽雄
  差別についての“学習”─中島誠
  断筆宣言には失望した─鈴木邦男
  “投書したい欲望”のありよう─大月隆寛
  「お詫び」と「言い換え」─五十嵐二葉
  差別表現とメディア─法律家の立場から─清水英夫
  送り手と受け手双方の問題─景山民夫
  自由な言論を徹底的に交わすべき─岡留安則
  テレビにおける差別用語─ジェームス三木
  テレビと差別表現─高野孟
  メディアの現状は目を覆うばかりだ─矢崎泰久
  差別問題と差別語問題─大谷昭宏
  乱歩はどうなる? ─久世光彦
  表現に自由なんかない─「筒井康隆断筆」を手がかりに─岡庭昇
  プロセス重視の差別論議を─灘本昌久
  「断筆」は撤回してほしい─小森龍邦
70年代以降のマスコミ差別糾弾事件史
  差別表現とメディアの対応(『ちびくろサンボ』事件以後)

●メディアと政治─テレ朝証人喚問問題をめぐって
●天皇訪問で私の尾行を依頼した日本公安
●悩める雑誌王国・マガジンハウス
●野村秋介史が死をもって訴えたもの
●“就職冬の時代”マスコミ各社の今年の内定状況
●それでも売れてしまう『完全自殺マニュアル』の危険度
●長野オリンピック施設建設に影落とすゼネコン疑惑
●法務省が国連向けに出したパンフのインチキ度

1993年
1月号2月号3月号4月号5月号6月号7月号8月号9月号10月号

11月号12月号


HOME