月刊『創』マス読&就職情報創出版の単行本創出版の案内


月刊「創」
●バックナンバーの目次
2001年1・2月号〜12月号


HOME

|月刊「創」目次|
78年79年80年81年82年83年84年85年86年87年88年89年90年91年92年93年94年95年96年97年98年99年 |2000年 |2001年|2002年|2003年|2004年|2005年|2006年|2007年

単行本会社案内


2001年1・2月号★特集「テレビ局の徹底研究」
※この号は品切れです。

〈座談会〉民放“史上空前の利益”のその先は荒野か ばばこういち・服部孝章・川島正

●デジタル化に邁進する巨象NHKの蹉跌 小田桐誠
●日本テレビ“独走”の先の多メディア戦略 岩本太郎
●TBS、トップブランドへの意識改革の成否 小池正春
●地上波浮上が鍵!!フジテレビ三波勝利の目算 清水富美子
●株式を上場したテレビ朝日の「新しい形」 津田浩司
●“市井の人”掘りあてたテレビ東京「10%の壁」 丸山昇

女優・三田佳子の二男の獄中からの手紙 編集部
●日本赤軍・重信逮捕の背景に何があったか 矢崎泰久
●準備なく逮捕されてごめんなさい。元気で再スタートします 重信房子
●幼女殺害控訴審で宮崎被告が訴えた「謎の声」 編集部・宮崎勤
●東京都「不健全」図書指定に宝島社の反撃 長岡義幸
●リキッド社前社長の暴行事件と黒い人脈 伊藤博一

【情報の焦点】
●国賠訴訟中・三浦和義さんのホームページを立ち上げた人は?
●本誌前号「和歌山・林健治手記」がかもした物議と掲載の経緯
●週刊誌は軒並み低落。低迷続く雑誌界の主要雑誌平均実売部数

2001年3月号 ★特集「新聞社の徹底研究」

《座談会》
市民と公権力の挟撃で揺れる新聞ジャーナリズム
──毎日・朝日・東京新聞の試みをめぐって 桂敬一・原壽雄・橋場義之・山田哲夫
●窮地から突如攻勢に転じた朝日新聞の思惑 津田浩司
●読売「ITは新聞の補完」の悩ましい戦略 丸山昇
●400万部安定確保狙う毎日新聞の「力の源泉」 住吉俊彦
●経済報道で独走続ける日経新聞の意外な憂鬱 岩本太郎
●200万部達成、産経新聞独自路線の功罪 野田正則

<ワイドショーほか各マスコミで話題騒然!>

女優・三田佳子の二男が胸中綴った往復書簡 篠田博之
"ロス疑惑"三浦和義氏出所後初インタビュー

●わがマンションにオウム教団を受け入れた理由 マンションG大家
●『週刊宝石』休刊の真相を光文社社長に訊く!
●「バトル・ロワイアル」を少年少女たちはどう見たか 構成:菊池真帆子
●青少年めぐるメディア規制に広がる反対の声 長岡義幸
●宝島社「不健全」指定雑誌、読者直販で抗議 長岡義幸
●ジャニーズ事務所と本誌との応酬全経緯 編集部

【情報の焦点】

●元オウム松本被告三女から届いたハガキと長女の逮捕騒動
●メディア規制が強まる中で「報道評議会」提案の動きも…
●朝日新聞記者の「社外言論活動」をめぐる最近のこんな声

 

2001年4月号 ★特集「出版社の徹底研究」

《座談会》出口なし?出版界の暗中模索 植田康夫・清田義昭・篠田博之
●本を殺したのは読者と出版界の負の連鎖だ 佐野眞一
講談社「地滑り的現象」と質された厳冬事情 丸山昇
●再浮上を賭けた小学館組織改革の成否 清水富美子
●新書堅調、集英社の女性誌戦争参戦の思惑 小池正春
●エースの退職でマガジンハウスはどうなる? 岩本太郎
●新分野開拓で起死回生めざす新潮社の戦略 長岡義幸
文藝春秋の好調部門『ナンバー』の周辺 野田正則

三田佳子の二男が保釈後つづった日誌 編集部
連載第1回 私が見た刑務所の実態 三浦和義

●「ハリー・ポッター」差別表現事件の波紋 篠田博之
●10代が抱いた「逸脱すること」への共感 深作健太
●15歳の時、国が壊れ、大人と子供の関係が壊れた 深作欣二
●〈投稿〉今はとても遠い――だけど私の祖国 田中東美

【情報の焦点】
●出版物の「R18指定」構想を先取り!?上程された都条例改定案
●ジャーナリズム界を慨嘆させた読売・渡辺社長のトンデモ発言
●メディアの法的規制に異議あり!この3月にも反対集会続々!

 

  

2001年5月号 ★特集「広告界の徹底研究」※完売

《座談会》 広告が広告でなくなる時代 植田正也/正木鞆彦/伊藤洋子

●「実験から実践へ」インターネット広告最新事情 鈴木健司

●ベネトン“社会派広告”路線終結の後は… 渡辺教子

●広告クリエイター続々独立の背景と波紋 岩本太郎

〈大再編進む広告会社の最新事情〉

●電通 株式上場で開け放つ(?)“パンドラの箱” 岩本太郎

博報堂 G1設立で見えたグローバル化とデジタル戦略 津田浩司

アサツー ディ・ケイ 着々と進む合併後の体制固め 小池正春

東急エージェンシー 業績回復なるも気になる3位との差 野田正則

大広 次は上場!世界の風に身を投じた明日は 丸山昇

●読売広告社 分社化、外資との業務提携で体質強化へ 野田正則

I&S/BBDO 社名変更で“三度めの創業” 野田正則

マッキャンエリクソン マス4媒体では2ケタの伸び 野田正則

朝日広告社 全国の支社、支局を相次いで分社化 野田正則

〈クリエイターが語る話題CMの「ここが狙い目」〉

●冬のNYで考えたこと 黒須美彦

●「オール吉本」をやってみたかった 田中徹

●合成からリアルへ 守本亨

●4年めのお正月広告 前田知巳

●3人の「幕末の志士」 澤本嘉光

●田村正和さんと広末涼子さん 友原琢也

●逆転の発想 大浦芳久 

●中森明菜さんと青汁 小山田彰男

●面白い表現はあるが面白い広告は少ない 山崎隆明

●大根を持った松坂慶子さん 木下真

●メディアが流すメディアのCM 

●三田佳子の二男公判取材告発の波紋 篠田博之

●名誉毀損で逮捕されたミリオン出版社長直撃インタビュー

●NHK「女性国際戦犯法廷」番組改変騒動 西野瑠美子

●少年犯罪にメディアはどう影響しているのか 宮台真司・水島広子

●規制強化の青少年条例改定が都議会通過! 長岡義幸

●〈連載手記〉私が見た刑務所の実態 第2回 三浦和義

  

2001年6月号 ★仙台・筋弛緩剤事件「冤罪」の疑い

守大助被告が獄中で書いた最新メッセージ 守大助

●5回の逮捕・起訴を追認したマスメディア 浅野健一

無実を訴える息子への家族からの思い 守大助の母

●「筋弛緩剤」事件関係者15時間インタビュー 千代丸健二

『週刊文春』の報道が父を死に追いやった 賀川洋

日本赤軍・重信房子の娘の「母との再会」 重信メイ・矢崎泰久

●「ザ・ワイド」誤報事件と日本テレビの焦燥 岩本太郎

●三田佳子さん二男覚醒剤事件の最終局面 篠田博之

●「つくる会」が目論む教科書採択への圧力 俵義文

●個人情報保護法に作家・ジャーナリスト達の「異議あり!」

猪瀬直樹・三好徹・森村誠一・森詠・吉岡忍・江川紹子・関川夏央・井沢元彦・吉永みち子・佐野眞一・吉田司・宮崎哲弥・宮崎学

●私が見た刑務所の実態 第3回 三浦和義

  

2001年7月号 

●スクープ!帰国した「よど号」ハイジャッカーの娘、独占手記!

 生まれて初めて踏んだ祖国日本の地 小西立子

●スクープ!三田佳子の二男が胸中を語った!

 二度の逮捕で母には合わす顔がなかった 高橋祐也

●冤罪の疑惑

 恵庭OL殺人事件で噴き出した疑問 片寄美奈子

 「お願い!一秒でも早く、娘を返して」被告の母に直撃インタビュー

●田中康夫「脱記者クラブ宣言」炸裂の波紋 丸山昇

●雅子妃懐妊“報道申し合わせ”の内幕 小田桐誠

●バーニングプロ銃撃事件にヤクザの影 伊藤博一

●個人情報保護法等メディア規制めぐる攻防 編集部

〈特別企画〉マンガは衰退しつつあるのか

●大手出版社を直撃したマンガ市場の低迷 編集部

●マンガとともに歩んだ団塊の世代の思い 弘兼憲史

●『コミックバンチ』はマンガ界に新風を送るか 堀江信彦

●冷え込む青年マンガ市場と各社の起死回生策 長岡義幸

●マンガというメディアの浸透と拡散 いしかわじゅん

●メディアミックスとマンガの海外進出 岩本太郎

●連載手記最終回 私が見た刑務所の実態 三浦和義

【情報の焦点】

●週刊誌が軒並み部数を落とした主要雑誌実売部数データの一覧

●妙に盛り上がったロフトプラスワン「小倉謝れ」キャンペーン

●チーズVSバター戦争で注目された道出版ってどんな会社?

 

2001年8月号

<特集1>大阪池田小・児童刺殺事件の衝撃

〈対談〉大阪池田小・児童刺殺事件と精神障害 宮台真司・香山リカ

●大阪児童殺傷事件取材・報道の大問題 浅野健一

●「新しい歴史教科書」と扶桑社の内部事情 長岡義幸

●奥菜恵写真騒動と芸能人のプライバシー 丸山昇

●個人情報保護法はとりあえず秋に持ち越し! 編集部

<特集2>宮崎勤裁判2審も死刑判決!

●獄中の宮崎勤被告から届いた手紙 編集部

●宮崎被告が自ら描いたイラスト「犯行現場のもう一人の自分」

●宮崎勤2審判決が示した精神鑑定の位置づけ 吉岡忍

●宮崎勤被告は「体験」を語り得るのか 大塚英志

〈笑撃対談!〉“右翼芸”鳥肌実に“脱右翼”鈴木邦男が迫る! 鳥肌実・鈴木邦男

●新連載 「臨界事故」被曝者はいま… 第1回 大泉実成

【情報の焦点】

●知事たちの“脱記者クラブ制度破壊”に新聞協会が小委設置

●創刊号は苦戦中!光文社の新週刊誌『ディアス』の行方

●東京拘置所の医療過誤告発に冤罪被害者や文化人が賛同

●出版不況下、勢力変動著しい出版社の申告所得ランキング

●三田佳子次男公判取材をめぐる地元記者会のどうでもよい話

  

2001年9月号 
<特集1>
なぜ、いまメディア規制なのか

〈座談会〉メディア規制と市民社会の危機 原壽雄・桂敬一・吉岡忍

●9・2メディア規制反対集会へ結集を! 編集部

●国家が提示する人権機関の危険な側面 田島泰彦

●制度疲労した記者クラブめぐる複雑怪奇 丸山昇

<特集1>『FOCUS』休刊の衝撃

●『FOCUS』休刊に揺れる新潮社の内情 岩本太郎

●『FOCUS』の累積赤字は数十億だった 松田宏

●なぜ私は会見で発言を許されなかったか 山本伊吾

●読者はなぜ写真週刊誌から離れたか 篠田博之

●死刑判決を聞きながら私は眠りに落ちた 宮崎勤

<座談会>身体障害者の「性」をタブーにするな! 熊篠慶彦・宮台真司・酒井あゆみ
●「新しい歴史教科書」採択めぐる攻防戦 長岡義幸

●銀座を舞台にヤクザ抗争勃発!の裏側 日名子暁

●連載第2回 東海村「臨界事故」被曝者はいま… 大泉実成

【情報の焦点】

●天皇暗殺をテーマにした映画「腹腹時計」上映拒否騒動の行方

●右翼乱入で講演会中断!女性国際戦犯法廷めぐるその後の波紋

●オーナー家をも退陣させた中日新聞社森前総理献金問題の決着

  

2001年10月号 
<特集1>小泉人気とメディアの責任

〈座談会〉小泉人気は誰が作ったのか 筑紫哲也×高野孟×桂敬一

●小泉首相のどこが「テレビ的」なのか 鳥越俊太郎

●小泉首相と飯島秘書官メディア戦略の内幕 匿名座談会

<特集2>天皇タブーと言論の自由
〈対談〉天皇暗殺映画をめぐる右翼・警察との場外乱闘 渡辺文樹×鈴木邦男

●私の講演が突如中止になった事情 松井やより

●沖縄米兵強かん事件でメディアは何をしたか 浅野健一×被害女性

●公安調査庁「工作日誌」暴露の衝撃と波紋 編集部

●『婦人公論』編集長突如降板の「何故だ!」 丸山昇

●個人情報保護法反対運動の正念場 編集部

●全員の帰国をめざして帰ります 金子恵美子(「よど号」の妻手記)

●連載第3回 東海村「臨界事故」被曝者はいま…(3)訴訟準備

【情報の焦点】

●SMAP稲垣吾郎逮捕でテレビ界の動揺と梨元勝氏の怒り

●管理主義化が進む早大学館問題で機動隊出動のその後

  

2001年11月号

<特集1>米国テロ事件とメディアのあり方
●テロ事件で見えた米国のメディア戦略  田原総一朗・服部孝章
●米国テロ事件をテレビはどう伝えたか  蟹瀬誠一


<特集2>メディア規制と表現の自由
●〈シンポジウム〉いま表現があぶない!――メディア規制を考える
  
井上ひさし・猪瀬直樹・米原万里・清水潔・田島泰彦・梓澤和幸
●9・2個人情報保護法反対集会の場外乱闘  
  
佐高信・田中康夫・鈴木邦男・謎の人々
●個人情報保護法に「異議あり!」発言録  
  
斎藤貴男・宮台真司・安田好弘・有田芳生・切通理作・崔洋一
●笑い・記憶・権力――そして個人情報保護 
 
 澤地久枝・井上ひさし・島田雅彦・吉岡忍

 ●沖縄米兵強かん事件で被害者の匿名守る取り組み 浅野健一×被害女性

●娘が殺害された日から報道被害は始まった 猪野憲一(桶川ストーカー殺人事件被害者遺族)

●巨人戦視聴率凋落でプロ野球界の迷走 谷口源太郎

●新宿歌舞伎町ビル火災の闇に広がる闇 日名子暁

●連載第4回 東海村「臨界事故」被曝者はいま…… 大泉実成

【情報の焦点】

●新宿歌舞伎町ビル火災をめぐる新聞・週刊誌の実名と匿名

●「腹腹時計」渡辺文樹監督になおも上映会場拒否騒動

 

2001年12月号 

 

<特集1>戦争報道と情報操作
●〈対論〉米国テロ「戦争報道」に何が欠落しているか 
                    高野孟×芝生瑞和
●パキスタン現地で見たマスコミ取材の実態 督永忠子

 

〈トークバトル〉「脱・記者クラブ」をめぐる大議論 
 田中康夫(長野県知事)×辻元清美(社民党代議士)
 藤森研(朝日新聞論説委員)×与良正男(毎日新聞政治部デスク)

<特集2>沖縄米兵強かん事件の行方 
●「早く普通の生活に戻りたい」と被害女性は語った 
              浅野健一(同志社大学教授)
●私たちは事件をどう報道したか 
       国吉美千代×石井恭子(琉球新報記者)

●自治労スキャンダルの背後に隠れた闇 伊勢暁史
●元社長ら逮捕!上毛新聞乱脈経営の破綻 岩本太郎
●メディア訴訟賠償金“超高額化”の実態(上) 丸山昇
●策定された青少年環境規制「指針」の中身 長岡義幸

●報じられないもう一つの「えひめ丸事件」 北健一
●連載最終回 東海村「臨界事故」被曝者はいま… 大泉実成


【情報の焦点】
●個人情報保護法だけでない!自衛隊法改正による報道規制も
●トップが突如交替した『経済界』の奇っ怪な“お家の事情”
●「よど号」の妻の帰国を機に拉致疑惑をめぐる様々な動き

 


HOME