トップ > 月刊「創」のご案内 > 2018年アーカイブ

2018年 の月刊「創」


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

特集【出版者の徹底研究】

◆〈座談会〉清田義昭×松田哲夫×篠田博之
不況の出版界めぐる様々な動き

◆総合出版社であることを生かした取り組みとは
講談社が進める紙と電子の試み

◆大ヒットの背景にはきめ細かな施策が... 
『九十歳。何がめでたい』小学館の戦略

◆「マンガ王国」集英社の現状は...
『少年ジャンプ』50周年と集英社の行方

◆書籍のほか『二コラ』やコミックが健闘
新潮社、書籍のヒットと文庫の課題

◆『週刊文春』デジタル班新設の影響は...
文藝春秋、『週刊文春』とデジタルの今後

◆『君たちはどう生きるか』がミリオンセラーに
マガジンハウスの大ヒットと雑誌群

◆鉄板だった女性月刊誌が足踏み状態で...
「女性誌王国」光文社の新しい動き


◇「津久井やまゆり園」事件被告の証言 第7弾!
植松聖被告が接見で語った相模原事件の詳細......篠田博之

◇寄稿者の情報が入ったパソコンも押収
共謀罪適用? 公安による「人民新聞」編集長不当逮捕......浅野健一

◇性犯罪治療プログラムの体験報告
懲役13年で服役中のある性犯罪者の告白......樹月カイン


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

特集【テレビ局の徹底研究】

◆〈座談会〉水島宏明×砂川浩慶×岩崎貞明
環境激変のテレビ界が抱えた問題

◆受信料収入が過去最高の一方で目に余る忖度報道
岐路に立つ"公共放送"NHK......坂本 衛

◆土日の夜だけでなく月曜夜も圧倒か 
"独走"日本テレビの次の戦略

◆『陸王』快走、『コウノドリ』健闘
TBS、ドラマ・情報番組の堅調

◆トップ交代と大幅組織変革
フジテレビが掲げる「再起動」

◆絶好調の『ドクターX』は海外200カ国進出
テレビ朝日がめざす360°展開

◆『池の水ぜんぶ抜く』好調なれど...
テレビ東京"独自路線"の試行錯誤


◇「津久井やまゆり園」事件・植松聖被告の証言 第6弾!
「衆院議長への手紙から障害者殺傷事件決行まで......植松聖/篠田博之

◇佐戸未和さんの両親にインタビュー
「NHK記者の過労死はなぜ伏せられていたのか......浅野健一

◇座間9人殺害事件の背景を探る
座間事件被害者たちはなぜ「死にたい」とつぶやいたのか......渋井哲也

◇相模原事件・植松被告が座間事件について語った言葉とは...
座間9人殺害事件に見るドクター・キリコ事件との違い......篠田博之