トップ> 単行本紹介 >40年目の真実―日石・土田爆弾事件 中島修著

40年目の真実―日石・土田爆弾事件 中島修著

ISBN 978-4904795101
2011年5月20日発行
定価 1,500円+税

1971年10月、都内日石ビル地下の郵便局で小包が爆発。郵便局員が負傷した。また同年12月、土田国保・警視庁警務部長宅で小包が爆発。夫人が死亡し、四男が負傷した(土田邸爆破事件)。 これらの事件で警視庁は元活動家ら11人を逮捕。裁判では死刑の求刑もあったが、判決は全員無罪。戦後の歴史に残る日石・土田冤罪事件である。爆弾事件の真相はわからないまま闇の中へ葬られた。 そして事件から40年。今、本書によって初めて真相が明かされたのだ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 40年目の真実―日石・土田爆弾事件 中島修著

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tsukuru.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3072