トップ> 単行本紹介 >検察との闘い 三井環著

検察との闘い 三井環著

ISBN 978-4-904795-01-9
2010年5月13日発行
定価 1,400円+税

大阪高検公安部長の現職だった時に検察最大のタブー「裏金問題」を内部告発しようとして「口封じ」逮捕され、1年半の懲役を終えて、2010年1月に出所した著者の手記。
鈴木宗男、安田好弘、上杉隆らとのシンポも収録。

《目次より》

出所の朝│前書きにかえて

第1章 収監

1・収監前夜
「上告棄却」の決定/収監通知/主治医に告げられた深刻な病状/三浦和義氏の不審な死/収監の日
2・生命の危険
受け入れられなかった注射、投薬/口封じで殺されるのか/塀の中で何が起きても外部にはわからない

第2章 裏金告発

3・調活という裏金
独自捜査に没頭/大阪検察内部の確執/裏金告発/裏金告発と則定スキャンダル/告発と報復人事/反撃のための刑事告発/「けもの道」
4・冤罪と検察
甲山事件をめぐる真相/自白調書は捜査員の「作文」/検察が作った目撃証言/検察と裁判所の罪は重い
5・「口封じ」逮捕
告発収録の朝、逮捕/公判での検察側と弁護団の応酬/事件の背後に壮大な「闇」/暴力団幹部射殺事件
6・実刑判決

第3章 獄中での闘い

7・刑務所での日々
独居房での単純作業/小室哲哉逮捕に思う/静岡刑務所へ移送/刑務所で迎えた正月/刑務所での一日/運動時間に"臨時法律相談所"/裁判員制度と死刑
8・仮釈放却下
迫られた「反省文」/反省文の書き直し/検察の横槍

第4章 提言

9・民主党及び国民への提言
民主党への政権交代/法務大臣への要望
10・満期出所まで
11・小沢VS検察の闘い
「風を吹かせる」/政治と検察の癒着/国会で証人喚問を

第5章 「小沢VS検察」をめぐって

三井環×鈴木宗男×安田好弘×上杉隆×青木理×元木昌彦
シンポジウム「小沢VS検察」と報道のあり方

裏金告発と「けもの道」/三井逮捕の10日後に鈴木議員秘書逮捕/検察刷新会議の設立を/記者クラブ所属メディアへの批判/取り調べの全面可視化を/検察報道の構造的問題/石川議員弁護人としてのスタンス/政権交代と記者会見開放/「風を吹かす」手口とは?/捜査は戦争だから何でもやる/記者クラブと検察リーク/「官報複合体」への市民の批判/石川議員の供述報道/検察「出入り禁止」の三形態/原口大臣の裏金追及発言/ジャーナリズムはどうあるべきか

後書き

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 検察との闘い 三井環著

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tsukuru.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3073