トップ> 単行本紹介 >ホーキング青山の傍若無人/ホーキング青山 著

ホーキング青山の傍若無人/ホーキング青山 著

ホーキング青山の傍若無人/ホーキング青山 著 四六判
ISBN4-924718-60-2
2004年8月25日発行

"障害者初のお笑い芸人"ホーキング青山さんは生まれつき両手両足が動かない「第一種一級障害者」。自らの障害をネタにしてお笑いにしてしまうというユニークな視点で、新聞・雑誌やテレビで活躍しているほか、ライブや講演会で全国行脚をしています。

著者はビートたけしさんと交友が深く、2002年にはたけしさんが監督を務めた映画「Dolls」に出演。さらにたけしさんが選考委員を務める「日本芸能大賞」を受賞しました。

本書第1部のエッセイ編ではたけしさんとの交友について綴られているほか、障害者当事者が語る介護論、お笑い包茎手術、老人ホーム訪問記、見世物小屋と障害者のかかわり、障害者の雇用問題などをテーマとしております。

第2部には障害ネタの創作落語、第3部の対談編ではプロレスラーの天龍源一郎さん、作家の野坂昭如さん、伏見憲明さんが登場。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ホーキング青山の傍若無人/ホーキング青山 著

このブログ記事に対するトラックバックURL: